ダウン症の子育て マインドセット

飛行機旅行でストレスなく最高の思い出をダウン症の子と作るには?

 

今回は、飛行機旅行でストレスなく最高の思い出をダウン症の子と作る方法についてお伝えします。

ダウンの子との旅行は移動中の対応に不安がありますよね。

トラブルを考えだしたらキリがありません。なので、どのような気持ちでいるのかという方がとても大切です。

相手に悪いと思うのはあなたの脳が作り出す幻想でもあるのです。

子供との飛行機旅行では、心の中に持っている常識を少し緩めてみましょう。

 

旅行は子どもが楽しめれば大人も嬉しい

旅行はいつでも、家族の新しい気づきを見つける事が出来きます。

私は、とくに冬の家族旅行が好きですね。

旅行の計画をする時が一番楽しいかもしれません。なぜなら、子どもが新しい体験をしてくれると大人も期待するからです。

ダウン症の子のパパになって、旅行する時いつも思うことは、周りに迷惑をかけるんじゃないか。ということです。

偏見の目でみられていると思うのが、体が固くなるくらい苦しい時期がありました。次男がダウン症のですが、小さいころは歩き方もぎこちなく飛行機旅行の移動でもベビーカーが手放せませんでした。

実家に里帰りしたり、国内旅行の時の飛行機時間、結構憂鬱。

飛行機はお風呂のように感じるくらいの密室感で、親は、子供が動いだり服を脱いだり着たり、すべてのタイミング難しいと感じていました。

子供もずっと耳を塞いで飛行機の大きなジェット音が怖い感じ。

 

なので子どもの気分を良くできれば、大人のストレスも少なくなりますよね。

飛行機の中の一般的なサポートは、

  • 事前に航空会社にダウン症のことを伝えておいてサポートしてもらう
  • おもちゃをたくさんもっていって遊ばせる
  • 子どもが寝れるようタイミングを図る

などがあります。

しかし、私達にはあまりうまくいかなかったことが多かったです。

それ意外でも子どもにストレスが掛かっていたからです。

 

飛行機では家族みんなで固まって座らない

ダウン症の子供は、気分を切り替えてもらうことが大切です

飛行機の中でうまく場所や人を変えて、タイミングよく気分を変えてあげましょう。家族で最高の思い出をつくるには、不安や不満を少しでも減らすことが良いのです。

そのために気分を切り替えられるポイントを沢山作りましょう。

 

みんなそろって楽しくお話しながら旅行プランを再確認したりしてもよいのですが、家族バラバラで座るのも良い方法です。4人家族なら、2つ並び席を2個、のように予約しています。

ママと弟、パパとお兄ちゃんの配置です。遠く離れていても問題ありません。

こうすることで、ダウン症の子がぐずったら、移動させます。気分を変えてあげます。基本、ママに甘えがちなダウン症の子も、機内ではパパにたくさん密着してくれる場合も多いです。

化粧室もたくさん利用します(もちろん周りの人に迷惑かけない範囲で)。飛行機の化粧室には、おむつ変え台が基本ついていますのでそこでリラックスもいいですね。

子供の安心を一番に考えてあげましょう。

このような場所を上手に利用して、子どもに気分を切り替えながら楽しんで貰えると親も楽しいですね。飛行機も国内であれば、長くて3時間以上あるので色々な気分の切り替えポイントを検討しておきましょう。

 

子どもがぐずっても、自分の「すべきではない思考」にとらわれない

それでも子どもが泣いたり、くずったり、手間がかかることは、必ずあります。

絶対ないなど、普段の生活を見ていれば、有りえませんよね。

機内を想像してみてください。

 

前の人の椅子をけったり、通路を歩き回ったり、大きな声で叫んだりするかもしれません。

また、せっかくキャビンアテンダントさんからもらったおもちゃを、すごい力で遠くまで投げるかもしれません。

私の子供の場合は、前の椅子に飛び移ろうと、手をかけてよじ登ることが多かったです。

そんな時、人にたくさん迷惑をかけては駄目だと、怒りや不安、不憫な気持ちになるかもしれません。そんなあなたを支配しているのは「すべきではない思考」です。

  • 私は大きな声をだすべきではない
  • 私は歩き回ってはいけない
  • 私はいすを揺らしてはいけない

このような自分の思考があるため、子どもがその行動をとった場合、自分のこととして認識し、様々なマイナスの感情を沸き起こします。

この思考は、飛行機のような密室で継続して続くようになると、なかなか楽しめるものではないです。

では、どのように考えれば良いでしょうか?

 

ダウン症の子供と最高の思い出をつくるためには?

最高の思い出とは、旅行時間中に楽しいなと感じる時間を一秒でも増やすことです。

人の幸せは、嬉しい楽しいと感じた時間の総量に比例します。その時間が長いと、後から旅行を振り返った時に最高の思い出だったと感じることが出来ます。

子供と楽しい時間を共有して、嬉しい気分をすこしでも長く続けるためには、マイナス思考を極力減らすことです。そこで、飛行機旅行では、「自己擁護」が必要になってきます。

  • 自分だけのせいではない
  • この子がすべてが悪いわけではない。
  • うまくいかないこともあったけど、出来ることはやった。

とうような自分を肯定出来る気持ちです。

周りの目線や、批判されたことに対して、自己批判をしないほうが良いです。

客観的な考えに置き換えてみるのが良い方法です。

  • 子供は暴れるもの
  • 声をだすもの
  • 走り回るもの

このような子供の行為が嫌な人もいますが、全然気にならない人も沢山いるのです。

そして、「〜すべき」思考をやめてみましょう。ダウン症の親はこうすべき、子供はこうすべきといった考えです。

そうではなく、最高の家族だけの思い出を作るために、そのゴールから逆算して考えてみましょう。

子どものストレスや親のストレスは、思考ひとつで、最高の思い出に変えることができます。

そんな未来をイメージして、次の旅行の計画を立ててみてくださいね!!

 

⇛ダウン症の子と理想の未来を作る方法を詳しくお伝えしていますもっと知りたい方はこちらからどうぞ

 

なぜ将来お金を増やすことが難しいと感じるのか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

大田

初めまして。ダウン症の家族に向けて人生、楽に楽しく生きる現実的な方法をお伝えしています。コーチングで時間とお金の両方を手に入れて豊かさを実感してほしいです。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-ダウン症の子育て, マインドセット

© 2021 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5