プロフィール

コーチングの無料体験モニターを募集しています。(2021年4〜5月限定)

  • 申し込みはもちろん無料です。
  • 無料体験時間は、無制限です。
  • コーチングで何か人生よくなるの?って思っている方はそこだけでも説明します。
  • オンライン(zoom)でも対面でも可能です。
  • 土日であれば、無料体験の時間設定は、24時間いつでも可能です。
  • コーチング(無料体験)で私が知り得た情報は一切口外致しません。

コーチングを受けることで、自分の思考を言葉に出来て新しい視点が入ってきます。大切なことは、「どうしたいのか?」と「なにが問題なのか?」に気づくことです。なのでそのあたりを一緒に考えていきます。

コーチングに興味、関心がある方、試しに受けてみたい方はお気軽にどうぞ。

わざわざ休みの日にコーチング受けても、コーチングは面白い!と思って貰えると思います。

↓↓↓

申し込みは、こちらからどうぞ!

 

「ダウン症の子の親が安心して死ねる未来」を多くの人に作りたい

自己紹介

 

当ブログ「ダウン症の子をもつ親のためのニコニココーチング」にご訪問していただき、心からありがとうございます。

私の次男は、ダウン症として生まれてきました。

子供が生まれたときは、私は単身赴任したいたこともあり、相談出来る人もおらず、不安や恐怖を一人で抱え込んでいました。一般常識の外に放り出された感じがして、周りとの壁を勝手に感じていました。

想像していた元の子育ての世界には戻れないと確信したので、人生ゼロから再出発しようと決めて、コーチングの学びから失敗や成功を繰り返しました。

そして、ダウン症のお子さんを持つ親の方に向けてコーチングをすることが、自分も豊かになり、相手も豊かになることに気づきました。

もし、いま、大きな悩みや、小さな希望がない方は、私のブログを読んでも、今すぐには役には立たないかもしれません。

私の体験を通してお伝えしていることが多いので、リアリティーを感じてもらえないからです。

価値観を共有できる人と付き合って、人生の変化させたい!楽しいワクワクするような未来を手に入れたいという人向けのブログです。

もう少し具体的に言うと、

いま障害者(ダウン症)の子供の悩みを抱えていている方で、どうすればいいのか悩んでいる人に、役に立てもらうためにコーチング目線で発信していくので、読んでいただけると嬉しいです。

 

 

 

大田英治

  • 1979年生まれ
  • パーソナルコーチ
  • 運輸系IT会社でビジネスコンサル及びコーチング提供、個人親御さん向けにコーチング提供
  • 神奈川県在住

スポーツ:瞑想マラソン、気功ヨガ、卓球、ランニング、山登りなど

趣味特技:話を聞くこと、褒め上手、投資、一人になるのも好き、マッサージ、子供との遊び、サックス、温泉旅行、読書など

密かな夢:世界中でダウン症の子供が生きやすい環境をつくる

座右の銘:諸行無常(時間は止まらない、未来から今をみよう)

とにかく「子ども・家族」「本」「コーチング」を愛しています。

 

次男がダウン症として自分の人生に現れた

2015年当時、私は、仕事のたに海外で単身赴任をしていました。

夏シーズンでしたが、海から吹く風は冷たく、なんとなく変わらない毎日が続いていました。楽しみは子供がもうすぐ生まれてくるということ。

数年間の海外生活も終わりを迎える頃で、これまでのことを一人で振り返って、「ここは、日本みたいに何でも楽しい施設や娯楽はないけれど、1自然と一緒にいて落ち着くし、外国の方は自分中心に生きてるって悪い意味じゃなくて、自分を大事にして生きてって感じる。そういった、精神的に自立できるところ学んだな」、といった適当なこと考えていました。

ちょうどその頃、日本から妻の知らせで、次男の出産は無事に終ったと連絡を受け、ほっと一息、、

早く逢いたいとも思ったし、2歳上のお兄ちゃんがいたので、これからの生活を考えていました。自分も男二人兄弟だったけど、子供も男二人とは奇遇というか確率的に珍しくないはずだけど、全然違う関係になるとはこの時まだ分かりませんでした。

数日後、私の安っぽいペラペラの携帯電話に着信があり、妻から

「ひょっとすると次男に障害があるかも」

と聞いた時、何か黒く重いような衝撃を受けました。

ダウン症のことはなんなくは知ってはいたけど、障害者のいる家族の実態は知らないし、どこか異世界の話だと信じていたのでしょう。

そして、電話越しで言葉が空回りし、なぜか体が動きませんでした。思考するのに精一杯で体がうまく動かせませんでした。

「どんな障害・・・・?」

「うん、ダウン症の可能性があるって」


未来も想像が難しくて、未来のイメージは一つずつ消されていく感じがしました。

その場に取り残された感覚。

「どうしよう、これからどうなっていくんだろう」

現実と非現実の間で数週間を過ごし、日本に帰ってきた成田空港のバスロータリーで次男と対面しました。夏の炎天下で、次男の顔も歪んでみえたような気がします。現実は目の前にあるはずなのに、すぐには受け入れることができず、

「どうして自分だけ?」

「ダウン症って運が悪いの?」

「何を変えたら、現実が変わってくれるのか」

とか考え続けていました。まさしくダウン症というものが自分の盲点(スコトーマ)だったのです。

 

心の揺れ幅は、日に日に大きくなりました。後で思い返すと、半年くらいの次男との記憶は、ほとんど無かったかもしれない。

受け止め方は人それぞれだし、ママやパパでももちろん違うでしょう。この頃まで、私は、子供に愛情やお金、勉強などを投資すればするほど幸せな人生になると考えていましたが、コーチングを学んでからは、そうではないと気づきました。

光が見えたのは、不安や怒りが少し和らいだ数ヶ月たった頃、次男に笑みの表情が現れたあたりかもしれません。

私は心の中で、

  • 「お兄ちゃんの将来をどうしたいか」
  • 「家族はどうすれば前を向けるのか」
  • 「自分は何をすれば幸せになれるのか」
  • 「どうなればよいのか」
  • 「自分は何がしたいのか、何が楽しいことなのか」

と考え始め、いままでの求めていた幸せは一旦捨てて、考えた事もなかった「別の幸せ」を探しました。もう、一般常識の幸せは、手から離れたので、別の幸せを見つけることが、自分にとって「安心安全な将来」に繋がると分かったのです。

そして、自分なりに解決方法を探すために、全力で学びはじめます。

 

破産寸前!鬱っぽくなり、、

障害児を持ったことで、自分の価値観は大きく変わりました。

現状から、少しでもよい未来に行くには、どうしたらよいか?子供達が幸せになるには、何かきっかけはないのか?妻の日常の負担や、考え方と、どうすり合わせていけば良いのか?

自分では考えを纏める事が出来なかったので、

人生を変えようと投資を勉強することにしました。投資には株や不動産など様々な種類があります。そして、素人考えで行動していたので、何か本を読んだり、セミナーを聞いたらうまくいくと思っていました。

結果は、みるみるうちに、数百万がどんどん消えていき、不安と恐怖で寝れない日もありました。

そんな精神状態だったので、会社の仕事もうまくいかず、周りの人にダウン症の子供のことも言い出せずにいました。そして、ストレスが溜まり鬱っぽくなってしまったのです。

学べば学ぶほどうまく行かなかったし、自分が悪いという罪悪感の塊でドロドロ。

  • 何故上手くいかないのか
  • 何が問題なのか

そんな悩みを、深く深く悩み考えているうちに、それは、外からの情報ではなく、①自分の中の情報を変えて、②外を変える。という順番を間違えに気づきました。

自分のマインドセットを変えて、自分が見えていない世界に気づかなければ、永遠と現状をループしている。と気づいたのです。

そして、自分が見ている世界を変える事ができると確信し、マインドの学びに自己投資を続けていくことになりました。

 

人とコーチングの出会い

それからは、悩みを解決したり、自分のやりたいことを実現している経営者の方に会って話を聞いたり、学んだりしました。もちろん簡単に会えない人もいましがが、私自身が、違う常識を取り入れないと上手くいかない、と感じていたので迷いがありませんでした。

実際に会ったり、オンラインでじっくり話を聞いていると、

彼らは、自分のことを良く知っていて、ワクワクするような目標やゴールがありました。また、行動や学びを継続している点が共通していました。

自分にとって何がしたいのか。そして、自分が幸せと認識出来れば幸せになれるし、周りの人の幸せを願っていることが大切だということです。

 

その流れで、コーチングに出会います。

心のことや脳科学のこと、スピリチュアルを学んでいると、当たり前のようにコーチングたどり着いたのですね。

 

私にとってのコーチング

コーチとして仕事をしています。

親の悩みを解決したり、やりたいことを実現するために、ダウン症の子どもをもつ親の向けたコーチングを提供しています。

自分の作り出す高いエネルギーを感じてもらい、あなたの問題に気づいてもらい、豊かな人生を作ってください。

そのために、多くの親に新しい価値観を知ってほしい。コーチングでは、私もクライアントも、きれいごとだけでは一歩も前に進めません。

本音をお伝えして、繋がりを続けていける関係が理想です。

よくスピリチュアルでは、ワンネスとか集合的無意識とか言われています。つまり、他人を愛することが大切だよと言うことですが、理解が難しいし、スピリチュアルに興味がない人も多いです。

実際に、脳科学やコーチング理論を知ると、スピリチュアルの仕組みがよく分かります。非科学的なことではなく、人の脳の仕組みが感情を生み出し、人生を決めていることが解るのです。

なので、私にとってコーチングとは、あなたを理解する手段のひとつだし、あなたを違う世界へ連れて行く方法なのです。

コーチングによって、人生を生きやすくなります。すると、ダウン症の子供と一緒に親が楽しく生きて、「安心して死ねる未来を作る」ことが出来きます。

そのために、

  • 自分の問題を理解すること
  • 目標を決めてイメージすること
  • 価値観やマインドを変えていくこと

の手順が大切。

自分の人生を変えて、未来に行くには、行動が必要ですが、

行動するには、私からのエネルギーを受け取って、あなたの思考をガラケーからスマホのように変えてしまいましょう。まずは、自分の幸せを追求していくことが大切です。

そして、未来を良くするには、やり方が間違っているとうまく機能しません。

なぜなら、価値観やマインドが邪魔をするからです。「自己中心的」「自己満足」では他人依存になるでしょう。

なので、楽しいワクワクする未来を一緒に作っていきませんか?

ダウン症の子をもつ親には、ベネフィットがあります。理想の未来を構築しやいす環境なのです。親の障害受容が早いし、ダウン症の子供は他の障害者に比べて社会性が非常に高いことなどもあります。

親へのストレスが少ない傾向にあります。もちろん全員がそうだとは言いいませんが、手術経験が多かったり、知力や性格は個人差があります。

理想の未来を構築しやすい麺もあるのでコーチングを上手く利用してみてくださいね。

 

コーチングは人生を変える仕事

今の世の中は、核家族化が進み、インターネットの普及によって情報に惑わされたり、SNSのやりとりがストレスになることもあります。

「孤立や不安・不満」が溢れている時代のように感じます。

とくに障害者の家族は、より心の孤独化が進んでいます。歴史を見れば、不景気や国が不安定なときは、決まって障害者が不利な立場に追いやられます。その家族も例外ではありません。

なので周りにコントロールされるのではなく、あなたが自分自身で家族をコントロールする必要があります。

いつも、あなた自身が決めたことを、出来ている時が一番幸せを感じれる時間です。コーチングを使って、価値観を変えて、新しい生活や、ワクワクする毎日を過ごしてほしいですね。

もちろん、今は、他の家族よりも大変なことも多いですし、悩みも子供の年齢ごとに変わります。

その都度、対応におわれ体力的にも辛い時期が、これから何度もあるかもしれません。ママは特に育児脳と言われるぐらい子育てに集中しなければいけない時間もあると思います。

それでも大丈夫です。

この先の未来が長い、今だからこそ、子どもが生まれてきた過去に戻るのではなく未来に向かって、あなたと一緒に考えたいと思っています。

 

「ダウン症のお子さんがいる方にむけたコーチング」という考え方

自分を助ける。人を助ける。それにはどうすればいいのか?ということを沢山考えました。

コーチングは、あなたの人生を変えたり、夢をサポートすることが出来ます。

人生を変えるというのは値段をつけることができません。5万円の服を買っても、10万円の旅行にいっても100万円のリフオームをしても、3000万円の家を買っても、幸せになれるわけではありませんよね。

しかし、コーチングではそれができます。

私が情報発信について力を入れているのは、いくつかの理由があります。

情報発信をすることで、私の発信内容に強く強く共感してくれる、そんな人と付き合いたいからです。

コーチングでは、マインドを教えたり、アドバイスだけをしてあとは自己責任でやってください、という人も多いです。

しかし、私は、クライアントの方が納得するまでコーチングする、と決めています。

世の中、テレビを見れば、本屋に行けば、WEBを検索すれば、たくさんの情報で溢れかえっています。

知識は本人次第で、いくらでも無限に手に入るのです。しかし、それを継続して実践できたり、本当に必要な情報を見極めたり出来るかということです。

だから私は、クライアントが実践できたり、未来がみれるようになるまでコーチングします。

また、家族との時間も大事にしたいです。そのため、すべての人にコーチング出来る訳ではないです。本当に変わりたい方にセッションに来て欲しいですし、疑っている方は難しくなります。クライアントには全力でサポートします。

 

時間を取って、イメージしてみてください

私は、自分らしい人生を最高に楽しく生きて、安心して死ねる未来を多くの人に作りたいと思っています。

では、あたなはどんな未来を見たいですか?

将来、子供や家族と、どんな生活をして、どういう風に働いているでしょうか?

自由に想像してみてください。

  • あなたは、どんな活動をしていますか?
  • どんな所に住んでいますか?
  • 休日どのように子供と一緒に過ごしていますか?
  • どんな悩みが消え去って、ワクワク過ごしていますか?

最後にもう一度、目を閉じて、頭のなかで強くイメージしてみてくださいね。

 

無料体験モニターの申し込みはこちらからどうぞ!

 

 

© 2021 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5