コーチング

幸せな未来をじんわり3倍に広げてエネルギー満タンにしよう

よくカウンセリングやセラピーでは、引き寄せの法則を使って未来を変えるとか言われています。良いことを考えていればそのとおりになるといった言葉です。

それ自体は、間違ってはいないのですが、あなたが、実際には本当に引き寄せたり、夢がピッタリ叶ったという話はネットくらいでしか見たことがないかもしれません。

どうしたら、幸せな未来を引き寄せれるのか、困っているダウン症の親も多いと思います。

未来を具体的にイメージ出来てなくて、なんとなく想像していたけど、、それでは、ポジティブなモチベーションを作っているだけなので長続きしません。

一週間もすれば、エネルギーも元の状態に戻り、今までと同じ日常が帰ってきます。

なので、本当に役に立つイメージ方法を知っておく必要です。そうすれば、無理せずに楽に理想の未来を、継続して思い出したり、味わうことが出来るようになります。

すると、行動が変わり、周りの人もあなたを見る目が変わり、最後には、日常がガラリと変わってしまうでしょう。

今回は、子供と理想未来を思い尽くす方法について話します。

 

 

理想の未来が心のエネルギーを溜める

良い未来を手に入れる方法があっても、あなたの過去の経験から何かを考えたり、出来ることを、とりあえずやってみようとしても効果が薄くなります。

なぜなら、過去の延長にある未来を上塗りするだけで、やっていることは殆ど変わらないからです。

過去にうまく出来たこと学んだ知識は、自分の精神的にも余裕があって肉体的に負荷が少ないこと、つまり自分の常識の範囲のことなんです。iPhone10から11の機種交換みたいなもので、そんなに大きな変化はしません。

それではどうすれば、心のエネルギーを大きく出来るのでしょうか?

それには、未来から考えることです。理想の未来を自由に考えてみてください。そして具体的にイメージすることで、「こんな素敵な未来になるにはどうすればいいのだろう」と疑問がフツフツと湧いてきます。

例えば、広い家で、家族がのびのび、ダウン症の子が大声を出しても平気。こんな家がどうしても、40歳までにはほしい!と思ったとします。

過去からの経験や思考で考えると、もっと残業して給料をあげたり、共働きするとか、ローンを組むとか安い家に住もうとなります。なにか凄く現実的になってしまいますよね。

しかし理想の未来から考えると、たとえば海外に住んだり、森の中にポツンとある、とてつもない広い家を想像して楽しむことができます。そんな想像が、リアリティーが高まってくると、本当にそうしたい!そんな人生があってもいい!と思うのです。

もしそれを実現するならば、どうすればより近づけるのか結果から考えようとし始めます。

つまり目標からの逆算です。その視点を持てれば、

給料が少なくても、大きな家に住む方法を調べはじめます。地方の物件を見てみたり、海外のサイトを探したりするのでないでしょうか。

また、すでにそういった家に住んでいる人の家を見に行ったり、知り合いになることで、ネットや本ではのっていない情報にたどり着くことが出来ます。

楽しいことは続けているので、心のエネルギーがどんどん溜まっていくのです。

逆に現状から考えていると、そんなことは無理と不満ばかりが出てきます。そうすれば、お金を貯めるとか、勉強するとなど、不安を穴埋めすることばかりして、ちっとも目標にたどり着かないのですね。

 

嬉しいイメージを広げる方法

では、どうしたら理想の未来をどんどん広げてイメージ出来るのでしょうか。以下の11個のカテゴリーで、楽しいこと、嬉しいことを想像してみてください。さっとでいいので考えてみてください。

【11個のカテゴリー】

  1. 家族
  2. 身体的健康
  3. 精神的健康
  4. 地域
  5. キャリア
  6. 老後
  7. 結婚、彼女
  8. 教育
  9. コミュニティー
  10. お金
  11. 時間

コツは、「制限がなかったらどうなるだろうと」と考えることです。

例えば、お金であれば10億円あれば、何を買ったら自分の本当に単純に楽しい嬉しいと感じるだろうかと、あれこれニヤニヤしながら想像するといいです。制限せずに考えてください。

地域でもどんな町並みになったら悠々自適に過ごせるか、どんな人に囲まれてくらしたらストレスなく過ごせるか。

教育は、どんな事が知りたくて、そのために大学教授貸し切りにできたり、世界中に研究しにいったり、逆に自分で本を作っているイメージを持ってみます。

1日中やりたいことがあれば、朝何時に起きて、どんな快適な夜を過ごしているのか未来の時計をみている姿を客観的に作って、そんな毎日があれば幸せだなとか。

そして、その中で自分にしっくりきて、何日たっても同じ様なイメージが出てきたら、それをさらにより細かくイメージします。

想像した未来で、周りにいる人は、どんな言葉を自分にかけてくれるのか、家族はどんな風に過ごしているのか。など、世界を広げていってください。

すると未来のリアリティーがどんどん強まってきます。

 

脳に未来を気づかせてあげる

あなたが頭の中で考えていることは、脳にとっては、過去のことでも現在、未来のことも関係ありません。

脳は、頭の中で考えたことを、未来だろうが過去のことだろうが、いま、この瞬間にあったこととして認識しています。

さらに、リアリティーが強いイメージを、より現実だと勘違いしているんです。だから感動する映画をみると、現実だと勘違いして涙するのですね。

リアリティーが高いということは、より感情が乗っている状態のことです。

嬉しい、悲しい、気持ちいい、楽しいといった感情がある記憶ほどリアリティーが高まります。

なので、良いイメージを最大限広げてあげることが、脳にその未来がそうなるんだ!と認めさせてあげるきっかけになります。

時間を取って、自分ひとりで集中できる環境を作ってみましょう。そして、イメージを膨らましてください。理想の未来を作ることを続けると、見たり、聞いたりする情報が変わってくるのを実感出来ます。

今回は、理想未来を11倍に広げてエネルギーを満タンにする方法をお話しました。

子供や家族のことで悩んでいるのであれば、過去からのアプローチで考えるのではなく、未来を新しく作ってください。

そのほうが、何より楽しいし、本当に自分のなりたい姿になれます。理想の未来はあたなが好きな事が一番ですよね。その時が一番エネルギーが高い状態です。

ぜひ、顔がニヤけるぐらいの未来を想像して、幸せな未来を手に入れてくださいね!

-コーチング

© 2021 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5