マインドセット

発する言葉があなたのダウン症世界を支配している

 

子育てでは、家族は発する言葉が未来をつくります。つまり世界を支配しているといっても過言ではありません。

私たちは1日3万回、自分自身に対して語りかけていると言われています。

自分自身に対して語りかけることをセルフトークといいます。

このセルフトークがあなたの自我やコンフォートゾーンを作っているのです。

コンフォートゾーンをずらすためにはセルフトークをコントロールすればいいのですが、セルフトークをコントロールする感覚はわかりずらいものです。

なので、セルフトークをコントロールする感覚が大切になってきます。

 

セルフトークと言っても、言葉で「私は○○だ」と語りかけるほかに、記憶を思い出すことでいろいろな感情が出てくるものもあります。

セルフトークは、無意識に勝手に行われているので、それをコントロールするために、まずは無意識の活動がどんなものか見てみましょう。

試しに、2分間目を閉じて何もしないでいてください。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・

いかがですか?多分たくさんの映像、言葉、思考、感情と言ったものが2分間の間に浮かんできたことでしょう。

これが無意識が行っているセルフトークです。

たとえば「私にはムリだ」というセルフトークをしたときにも、実は言葉だけでなく、言葉と一緒にさまざまな記憶が次々に浮かんできます。

では次に、セルフトークをコントロールしてみませんか?

 

1分間「私はすごい!」と心の中で何回も途切れなく言い続けてください。

そのときに、余分なことを一切頭の中からなくして、「私はすごい!」に集中してみましょう。

・・・・

・・・・

・・・・

 

思ったより集中力を使ったはずです。気を抜くと他のことを考えてしまったり、「私はほんとはすごくないのにな」などと言ってしまうかもしれません。

ですが集中力を高めて、「私はすごい!」と思い込んで心の中で唱え続けてみてください。

他の思考が入らないくらい、それに集中するのです。これが、セルフトークをコントロールする感覚です。

この集中モードを覚えておけば、ネガティブなセルフトークが出てきた場合でも、切り替えることができます。

すぐにネガティブなセルフトークをなくして、「私らしくない、私にはできる!ダウン症の子をしっかりと育てられる」という方向に気持ちを持っていけるのです。

自動思考をストップし、ポジティブなセルフトークに切り替える感覚をぜひ覚えてくださいね。

最初はセルフトークに介入する感覚がわからないかもしれません。でもあなたにもすぐにできるようになりますよ。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

この記事を書いた人

初めまして。次男はダウン症(21t標準)です。ダウン症の子をもつ家族の方へ、コーチングを提供して自立の悩みの解決、理想の目標の達成のためのお手伝いをしています。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-マインドセット

© 2022 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5