マインドセット

五感を使って日常を別世界に取り替えよう

 

日常を全く別世界に変えてしまえば、子育ての鬱々とした気分も変わるでしょう。

しかし、イメージするだけでは目標は達成できない、と良く言われます。イメージするだけでそれが現実になる、というのはオカルトのようです。

確かにイメージは大事なんですが、それだけでは足りません。「認知科学」では、イメージするだけで夢が叶うという話ではなく、「リアリティ自体を取り替える」という点が大切だったのです。

わかりやすく言うと、「自分が見ている世界自体を変えてしまう」ということです。

たとえば、ダイエットをしたいと思ったとき、「やせたいなー」と思ってやせている自分のイメージを思い浮かべるのではなく、「今まさに私はやせている」と本気で思うということなんです。

本気で思う、というのは思い込むのではなく、現実自体が「やせている自分」に変わってしまうことです。

そうすると、「私はやせているはずなのに、なぜか太っている、おかしい」と無意識が判断して、勝手にやせてしまうのです。

このように、「なんとなく夢を持っている」というレベルではなく、「夢の世界のほうが現実で、そうじゃないのはおかしい」というレベルまで持っていくことで、あなたがゴールに向かうエネルギーが湧いてきます。

そして、そのために必要なのが五感を使ってイメージすることと、イメージと情動を結びつけることです。

 

まず五感を使ってイメージするというのはどういうことでしょうか。

普通イメージというと、視覚のことだと思いますが、私がお伝えしている方法では、視覚だけでなく味覚、嗅覚、触覚、聴覚を全て含めてイメージなのです。

そしてそれに対して情動を結びつけることで、イメージのリアリティを強くします。

具体的には気持ちいいとか、嬉しい、と言ったプラスの情動を結びつけることで、脳に「理想のイメージの世界にいたい!」と強く思わせるのです。

このように、イメージと情動がそろって初めて脳がリアリティを感じて、ゴールの世界に向かうエネルギーを生み出してくれるようになります。

なんとなくではなく、科学的な方法でしっかりイメージを作っていくことで、効果を出すことができるのですね。あなたにも簡単にできますので試してみてくださいね!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

この記事を書いた人

初めまして。次男はダウン症(21t標準)です。ダウン症の子を育てるうえで私が本当に大切だと思ったこと、実践して日常生活に役にたったことを書いています。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-マインドセット

© 2022 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5