コーチング

子育て中のダイエットが成功しない理由

 

ダイエットするぞ!と目標体重を決めたのに、現実が変化していかない、そんな人いませか?

その原因は・・・

コンフォートゾーンが変わってないことが原因です。

コンフォートゾーンが変わってしまえば、努力しなくても、自然に現状は変わってしまいます。なぜなら、そういう人間になってしまうからです。

抵抗感や努力感があるのは、コンフォートゾーンが変わっていないことが原因です。

ではどうやったら、自然に変化することができるでしょうか?

私がしたのは、高い抽象度のコンフォートゾーンを持つことでした。

食事を食べる時には、

「これはどこから来たのか」
「何で出来ていて太る原因となるものは何だろうか」

と考えていました。

このように意識すると、自然と菜食の方向に向かっていきます。私は、我慢して苦しいとか、禁断症状みたいなものは全然ありません。もう、そういう風になってしまったので、当たり前なのです。

ダイエットを挫折してしまう人は、コンフォートゾーンが変わらないのに行動だけを変えようとした結果です。

本当は肉をお腹いっぱい食べたいけど、我慢しようと。しかし、コンフォートゾーンが変わらないと、本当には変われないのです。

ダイエットしたい、体重を何キロ減らす、という目標を立てたとしても、コンフォートゾーンが「太った私でも大丈夫」にあれば、食べ過ぎてしまいます。

そして、いろんなダイエットに手を出すけど、いつもリバウンドして終了となってしまうのです。もし痩せたかったら、しっかり、

「痩せているのが当たり前」
「食べたいとも思わない」

くらいのコンフォートゾーンを作る必要があります。そうすれば、「食べたいけど、我慢している」という状態ではなく、「好きなだけ食べて、太らない」という状態になることができます。

これは、食事のことだけではなく、いろんなことに言えます。何か子育ての目標があった時に、コンフォートゾーンをずらしていないと、現状に引き戻されてしまうのです。

もし体重が2ヶ月前から変わっていないとしたら、コンフォートゾーンが変わっているかをチェックしてみてください。

コンフォートゾーンのイメージが作れていないようだったら、コンフォートゾーンを作り直すことがダイエットの一番の近道ですよ!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

この記事を書いた人

初めまして。次男はダウン症(21t標準)です。ダウン症の子を育てるうえで私が本当に大切だと思ったこと、実践して日常生活に役にたったことを書いています。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-コーチング

© 2022 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5