脳科学

子育てで幸せになろうとすると絶対に不幸になる

あなたも幸せになりたい、と思ったことはありませんか?

たぶん幸せになりたいって思っている人はたくさんいるでしょう。

誰もが不幸よりも幸せのほうがいいと思うはずです。でも日本では、幸せじゃないと思う人や、幸せとも不幸とも言えないという人が統計上多いようです。

とくにダウン症など障害がある子をお持ちの親は不幸感を強く感じた時期もあると思います。

幸せになろうとしている人が多いのになぜ幸せになれないのか。

それは、幸せになろうとしているから、です。

「でも幸せになろうとしなければ、幸せを手に入れることはできないでしょ?」そう言いたい気持ちもわかります。

幸せになろうとして、結婚したり、家族を持ったり、お金を稼いだり・・・・・・さまざまな努力をした末に幸せになれる、と偉い人が言っていたのかもしれません。

しかし、「幸せになりたい」と思うことは、「私は今幸せではない」と自分に言っているのと同じことになります。

「幸せになりたい」と思って、努力すればするほど「私は幸せではない」というのを強く自分に突きつけることになるのです。

幸せになろうとしてる人は「何かがないと、何かを手に入れないと、幸せになれない」と思っています。

だから、今自分にないものを手に入れようとするのです。でもたとえ手に入ったとしても、もっと上のものが欲しくなり、決して満足することはできません。

お金をいくら稼いでも、世界にはまだとんでもないお金持ちがたくさんいます。

年収が1億円になっても、カジノで1日1億円使ってしまうようなお金持ちには到底かなわないのです。

では大金持ちになったら幸せなのでしょうか?そんなことはありません。

次はきっとお金で手に入らないものを手に入れたくなるでしょう。

幸せになるためには条件が必要だ、と思っている限り幸せになることはできないのです。

今条件を満たしているとしても、全てのものは、いつも同じ状態であるわけではないので、条件を失ったり、条件が変化してしまったりするのです。傷んだり、なくしたり、奪われたり、自分の体もどんどん変わっていきます。

ものごとが変化していくことは避けられないことなので、幸せになるためには条件が必要だと思っていれば、いつも変化を恐れてびくびくするようになってしまうでしょう。

ではどうしたらいいのでしょうか。

答えは「幸せだと思う」です。

今この瞬間から「私は幸せだ」と思えば、幸せになることができます。いきなり言われても・・・・・・と言う方も、ただ幸せだと思うことに慣れていないだけなので、慣れれば自然とできるようになります。

「幸せな感覚」は脳が作り出しています。脳が幸せ状態になりさえすれば、どんなことがあろうとも幸せなのです。

 

幸せ状態は自力で作ることができるので、いつでも幸せでいることができます。何かがあってもなくても幸せ、と思えるようになれば、失ったり、変化したりすることにおびえる必要もなくなります。

幸せになるのはもっと大変なことだと思っていましたか?

実はとても簡単なことなんですよ。幸せになろうとすることをやめて、幸せだと思えばいいんです。

幸せなんてそんなものなんです。追い求めるほどに遠ざかります。

自分の幸せを求めることは無駄なことです。そうではなくて、他人の幸せのことを考えてあげましょう。他人の幸せが自分の幸せだと思えれば、自分も他人も世界もどんどん幸せになっていきます。たとえ障害がある子をもっていたとしても。

嬉しいことに、人間には他人が幸せになると自分の幸せが増えるという脳の仕組みが備わっています。

今この瞬間からできることですから、ぜひ実践してみる方が増えることを祈っています。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

この記事を書いた人

初めまして。次男はダウン症(21t標準)です。ダウン症の子をもつ家族の方へ、コーチングを提供して自立の悩みの解決、理想の目標の達成のためのお手伝いをしています。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-脳科学

© 2022 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5