ダウン症の子育て

ダウン子を愛して育児をクリエイティブにする方法

 

新しいことをする時に、悩んでいる人が多いです。しかし、悩む前に、やってみた方が早く成長することができます。

それはダウン症の子の育児でも同じなのですね。

 

やる前に悩んでもしょうがない

何か新しいことをするときに、悩んでいてもしょうがないのは、それを経験したことがないからです。経験したことがないので、いくら悩んでもその実態はわかりません。

ネットなどでいろいろ調べたり、人の話を聞いたりすることはできるのですが、それも他人の意見です。結局自分でやってみないことには、自分にとっていいのかは、わかりません。

また、限定合理性、という行動経済学の考え方があります。

これは、人は合理的であろうとするけど、どうしても限界がある、ということなのです。

そのため、何かを決めようとするとき、いくら完璧な情報を集めようとしても、不可能なのです。だから、いくら考えても、悩んでしまうし、決めることが難しくなります。

子育てでも、準備ができてからとか、知識を知ってから、という人もいますが、いくら勉強しても、準備をしても正しい答えが出るわけではありません。

しかも、本当の意味で準備や勉強をすることもできないのです。しっかりと、データを集めているわけではないのがほとんどです。実際には、悩んでいるだけだったり、一歩が踏み出せないだけだったりします。

準備してからいつかやろう、と思っていても、世の中がいつも同じ状態であることはありません。

例えば、行きたいと思っていた映画が終わってしまうこともあるし、お店が閉店になってしまうこともあります。いろいろなものを比べて、どれがいいか、最適なものを選ぼうと思っていても、それらがいつまでも手に入るものかはわかりません。

悩んでいる時間があれば、できてしまうことも多いです。ダウン症の子はそうはいかないと思う方もいるかもしれません。しかし、そう思っている時間こそ無駄になってしまうことが多いので、悩まないで、とりあえず少しでもやってみる方が、効率が良くなります。

 

やることで基準ができる

やる前に悩むのではなくて、やってから悩む、とした方が、成長が早くなります。実際にやってみると、よかった、とか、失敗した、と判断することができるのです。

もちろん、取り返しがつかないようなこともあるのですが、ほぼほぼ、悩みというのは、やってみた方が良いです。また、悩んでいた時間も取り返せないのですから、やはりやった方がいい、と考えることができます。

なぜなら失敗しても、別の方法を思いつく可能性が高まるからです。

たとえば、ジムに行ってみようか悩んでいる時、まずジムに行ってみればいろんなことがわかり、1つの基準を作ることができます。入る前にも、いろいろ調べて比べることはできるのですが、良さそうなところに入ってみたら、満足するところと不満なところなどが見つかるでしょう。

そうすると、他のジムの良いところと、悪いところも、はっきりわかるようになるのです。それで、そこがよかったら続ければいいし、他のジムの条件がよさそうなら、そちらにも行ってみればいいのです。

経験がないことは、判断基準ができていないので、その状態で悩んでも結論を出すことができません。やったことがある人なら、経験があるのでわかります。

ダウン症の大人の実態は私達でさえほとんど知りません。トライアントエラーが必要です。

もし、迷って決められないからと言って、また今度、と帰っていたら、植物を置くことはなかったかもしれません。

このように、一度やってみることで、判断基準ができて、頭の中の整理がつくようになります。そして、新しい情報が入ってくるのです。

やめとけばよかった、と思うこともあるかもしれませんが、そうしたら、他の選択肢の良さがより明確になったということです。

 

Inventしながら進む

失敗をしたくない、というのは自然な気持ちですが、成功にしろ失敗にしろ、フィードバックが得られるので、本当の失敗というのはないのです。

結果が出て、基準が生まれることで、初めてわかることです。

やってみようと言っても、怖い、という気持ちもあると思います。それは、確実に上手くいくやり方がわからないので、失敗するかもしれないからです。

この考えがあると、なかなか成長できません。というのも、やり方が全部わかるまで待っていても、わかることはないし、タイミングも逃してしまうからです。

Invent on the way という考え方があります。

これは、やり方はその都度発明すれば良い、ということです。先にやると決めてから考えることが重要だということです。

そうすると、脳はクリエイティブになって、なんとか目標を達成する方法を考え始めます。そして、自分が考えつかなかったような解決方法を、発明することができます。

決めること、やってみることで、判断基準が生まれ、悩んでいた時にはぐちゃぐちゃになっていた情報が、きちんと整理できるようになります。

決めないから、やり方が出てこない、という順番になっているということです。ここは自分を信じることが必要です。

どうしたら、自信を高められるのか、というと、そういう経験をしてみることが一番です。

先に決めてみることをしてみてください。

小さなことからでいいので、Invent on the way を試してみてください。そうしたら、自分にも子供にも、そういう能力があるんだ、と自信を持つことができますよ!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

この記事を書いた人

初めまして。次男はダウン症(21t標準)です。ダウン症の子を育てるうえで私が本当に大切だと思ったこと、実践して日常生活に役にたったことを書いています。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-ダウン症の子育て

© 2022 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5