ダウン症の子育て

自己効力感を70%UPして子育てを楽しむ

 

ダウン症育児の目の前の問題を解決したり、子供の自立を成功させるためにはエフィカシーを高めることが非常に重要です。

エフィカシーと言うのは、「ゴールを達成する能力の自己評価」のことをいいます。エフィカシーが高いか低いかによってうまくいくかが決まると言っても過言ではありません。

なのでこのエフィカシーを高めることをしっかりと理解することが大切です。

しかし、自分が悪いと思っている親はエフィカシーを上げることよりも、育児スキルを学ぶ方が問題が解決すると考えています。

このようにすると逆にエフィカシーは下がって、ますます上手くいかなくなると言うことに気づかなければいけません。またエフィカシーを高めることの重要性を知っている人でも、勘違いをして逆にエフィカシーを下げていることが多いです。

エフィカシーは自己評価ですが、自己評価を下げることを止める必要があります。

つまり、自分はまだまだできないとか、自分はダメだ、能力が低いから成長しなければいけないと言った低い自己評価を止めることです。

そして自分にはできる、もう子育てで苦しくならなくて良いと自己評価を高めることが、ダウン症の子育てには非常に重要になってくるのですね。

このブログでは自己効力感を高める方法もたくさん書いてあるので、もしよければ読んでみてくださいね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

この記事を書いた人

初めまして。次男はダウン症(21t標準)です。ダウン症の子を育てるうえで私が本当に大切だと思ったこと、実践して日常生活に役にたったことを書いています。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-ダウン症の子育て

© 2022 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5