マインドセット 脳の仕組みを知る

ものを投げる習慣はダウン症の子の親のせい?

自己防衛のためにものを投げる

「やめなさい!リモコン壊れるでしょ」

「危ない!お兄ちゃんよけて!」

「なんでもの投げるの!?やめなさい!」

こんな会話をたくさん聞きました。私の次男はダウン症ですが、小さいころは本当によくものを投げました。

マンションのベランダから傘を思いっきり投げ出したこともありました。

幸いにも下は人がとおる場所ではなかったので、被害は傘だけでしたが、今思い出してもゾッとします。

ダウン症の子どもは、本当に自己防衛感がつよいなと私はおもっています。

たしかにたくさんの笑顔をくれます。よくダウン症のこどもは天使だといわれています。

あの純粋な笑顔は、そんな気分にもさせてくれます。

しかし、自分の居場所を確保出来ない場合の抵抗はそれと同じくらい強いとも感じています。

ただ、本当に自己防衛するだけのためにものをなげるのでしょうか?

親からのイメージの刷り込みは強烈

あなたは、必死に子どもに伝えようとします。ものをなげてはあぶないよ、こわれるからね。

お兄ちゃんがけがをするからね。パパもママも悲しむよ。

これらの言葉すべてが絶大な影響力をもっています。どんでもない力で行動させます。

その言葉どおりに。まるで催眠でもかけられているかのようにです。

そう、脳科学でいうと言葉がそのまま脳にイメージをつくるのです、それを繰り返すことでより強化されてしまい、現実はそうではないといけない、と思いこむことになります。

脳には、注目している方に向かってしまう、という性質があります。

例えば、人とすれ違う時、お互い目が合っていると、ぶつかってしまいます。

避けようと思っても、見ている方に進んでしまうからです。

特に、子供は素直なので、「そっちは危ないよ」というと、それが気になって、危ない方に行ってしまうことがよくあるのです。

  • ものをなげてはあぶないよ→ものを投げている、いきよいよく飛んでいっている様子
  • 壊れるからね→ものがこわれてバラバラになっている様子
  • お兄ちゃんけがするからね→お兄ちゃんにものがあたって血がでてないている様子

これらは具体的に脳に刷り込まれ、そうなることが当然だという意識で行動するようになります。

子どもにとっては、ものを投げさせられている状態になることが多いです。

なので私もこどもに話しかける言葉はきをつけるようにしています。

ダウン症の子の気分を変えてあげる

子どもは気分次第なのです。しかも子どもがちいさいほど、その気分は長く続きません。

子供の気分をすこしでもコントロールしてあげるんです。

もし子どもが怒ってものを投げそうになった場合は以下の方法を試してみてください。

  • 子どもには触らず笑顔で踊りだす
  • 親が大好きなものを探す振りをする
  • 子どもがなげようとするものをさわらず、からだ全身をうえから下までゆっくり撫でてあげる

親が意識することが重要です。こどもの意識を一瞬でもちがうことに振り向かすことが大事です。

一度ではうまくいかないかもしれません。私もそうでした。

それを積み重ねていくと、まわりは敵ではないよ、きみをだいすきだよと余裕がでてくることもあるし、ものを投げるという行為について、自分のなかで承認できるようになってきます。

親の罪悪感に気づく

ものを投げては駄目だ、という言葉はどこからくるのでしょうか。

普段なにげなくつかっている駄目という言葉の多くは、自分にたいして大きな制限をかけてしまっています。それは、

「罪悪感」

この感情はひとによって大きく違うと思います。

ご飯を残した、友達との約束の時間にまにあわなかった、お金をたくさんもらった、テレビをみすぎた、子どもにきつくしかりすぎた、買ってきた洋服があまり似合わなかった昨日お風呂にいれてあげられず寝てしまった、などたくさんでてくると思います。

これらは、自分の感情の壁としてある価値観のかたまりです。

その価値観を自分で認識して、承認することで、はじめてこどもと向き合い

解決策を自分の手でみつけることができます。

私はこの価値観をきちんとあたなにも気づいてもらいたい、変えてあげたいといつも強く思っています。

まとめ

今回は、ダウン症のこどものものをなげる思考から話してみました。

もちろんこの行動はダウン症だけのものではなく、みんなに当てはまりますが強弱があります。

こどもの精神世界が影響しているのです。

ものを投げるのはこどもの自己防衛でもあり、

パパママがあたえる言葉の具現化でもあります。

私たちの罪悪感を認識できることで、こどもとのコミュニケーションももっともっとよくできる可能性があるのです。

-マインドセット, 脳の仕組みを知る

© 2020 ダウン症の親のためのニコニココーチング Powered by AFFINGER5