コーチング

ダウン症育児で良いことの引き寄せはコーチングで出来る

引き寄せの法則って本当にあるんでしょうか?私は法則かどうかは分かりませんが、良いことを引き寄せる仕組みはあると思います。

よくスピリチュアルなどで引き寄せの法則で夢が叶う、というようなことが言われています。

育児でも勝手にそんなことが起こったら嬉しいですよね。

ダウン症の育児でも、良いことが引き寄せられる理由は、コーチングの考え方から説明できます。

そしてコーチングで意図的に起こすことが可能です。脳科学や認知科学から引き寄せの法則の仕組みと、その起こし方について解説していきますね。

 

「引き寄せの法則」はコーチングで起こせる

引き寄せの法則は、脳科学、認知科学で読みかえると、確かにあると言うことができます。

まず引き寄せの法則とは、

「思考や事象には特定の周波数が存在しており、思考やイメージが宇宙に放たれることによって、その周波数に対応する事象が引き寄せられる。」という法則です。

引用:wikipedia

簡単に言うと、思考やイメージしたことが自分自身に引き寄せられるということです。

引き寄せの法則は、願望実現の方法として知られています。つまり自分が欲しいものを思考・イメージすれば、それが手に入るということです。

では、なぜそんなことが可能なのでしょう?

 

引き寄せの法則の仕組みとは

認知科学では宇宙=脳が作った世界と考える、と考えています。

ではこの前提に立ったとき、引き寄せの法則はどのように実現されるのでしょうか。それは「スコトーマの原理」から説明できます。

スコトーマは、心の盲点のことです。

脳は自分にとって重要でない情報は頭に入れないようにしています。そして、そのシャットアウトされた情報をスコトーマと言います。

欲しいもののことを考えたりイメージしたりすると、欲しいものの重要性が上がります。すると、スコトーマが外れて欲しいものに関する情報がまるで引き寄せられたかのように急に見えるようになるのです。

女性は妊娠すると急に街中に妊婦さんが増えたように感じるそうですが、それも重要性が変わってスコトーマが外れたからなんですね。

ダウン症のことも子供が生まれるまで関係なかったことなので、羊水検査を受けるとか遺伝子鑑定をうけるとか気にもとめなかった方が多いと思います。重要性がなかったので脳が無視していたのですね。

ということは、引き寄せの法則を信じている人もこれと同じようなことをしています。だから、実際引き寄せの法則で願いが叶った、と言う人がいるのだと思います。

引き寄せ、ということもできますし、気づかなかったものに気づいたと言うことも可能です。

引き寄せた!というとスピリチュアルな感じですが、脳の仕組みからは「気づいた」と言えるのですね!

 

引き寄せの法則の精度はコーチングで上げられる!

このように考えると、認知科学的に説明できます。認知科学で説明できると、実はいいことがあります。科学的に、引き寄せの法則の精度を上げることができるのですね。

具体的には、認知科学式コーチングの方法を使えば、夢実現をもっと確実にすることができます。つまり、高いゴール設定をしてその臨場感を上げていくという方法で、引き寄せを起こすことができるのです。

ここで、ゴール設定について良く分からない人のために、簡単に説明します。

ゴール設定とは

・やりたいこと
・現状の外側

の2つのルールを満たした目標を設定することです。

やりたいことはわかると思いますが、現状の外側とは何でしょうか?現状の外側は、「今自分が認識できていない世界」のことを言います。

例えば、日本のことを知らない人にとっては、世界に日本は存在しません。ダウン症のことも知らなければ、そんな特徴を持つ子がいることさえ存在していないのと同じことです。

このように、自分にとって認識できないところに目標を置くことで、全く新しいことが奇跡のように「引き寄せ」られてくるのです。

もちろん、全く知らないことは本当にわかりません。だから、知っている範囲で、今のままでは絶対にたどり着けないところを目標にします。

例えば、子供は自立して一人でお金を稼いでいるとか。

 

現状の内側ではなぜいけないの?

現状の内側は、いわば「すでに知っている範囲」です。ここに目標を作ったとしても、もうやり方もわかってしまっているので、あまり新しい発見はありません。

引き寄せの法則は「奇跡的」なものがやって来てこそ意味がありますよね。ダウン症の子がなんでも一人でできるようになるのは、我々にとっては奇跡のようなものです。

ただ、引き寄せの法則を信じる多くの人は、「信じられないような幸運、発見、出会い」が欲しいのだと思います。現状の外側にゴールがあると、今の状態では絶対出会えなかったものに出会えるようになります。

しかも向こうからやってくる感じです。できるだけ届かないところに目標を置く方が、「理想」なのです。

 

世界と脳は同じ

世界と脳について少し詳しく解説しますね。

引き寄せの法則を信じている方は、実はある勘違いをしています。それは、

「世界が自分の外側にある」

ということです。でも、認知科学的に言うと、世界は自分の外側にはないのです。

「何を言ってるんですか?世界はありますよ」

と言われるかもしれません。でも、考えてみてください。私たちが見ているものは、目に入ってきた光を、脳が映像にしたものです。だから花瓶を見たときに、花瓶そのものを見ているのではないんです。

しかも、光をそのまま見ているわけでもありません。光はいったん目で電気信号に変わります。そして、電気信号は脳に送られ、脳が電気信号を映像にしているんです。

別の世界は見ることができません。私たちにあるのは脳が作った世界だけです。このことは視覚だけでなくすべての感覚に言えます。外に世界があって、脳がそれをキャッチしているというよりも、世界=脳内の世界だということです。

世界と脳にはこんな関係があるので、脳内の情報を変えると世界まで変わってしまうんですね。引き寄せの法則は、外側の世界のルールの話ですが、実は全部内側で起きていることなのですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

この記事を書いた人

初めまして。次男はダウン症(21t標準)です。ダウン症の子を育てるうえで私が本当に大切だと思ったこと、実践して日常生活に役にたったことを書いています。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-コーチング

© 2022 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5