コーチング

ダウン症の親のためのコーチングとは?

今回は、ダウン症の親向けのコーチングとは何でしょうか?

コーチングってよくわからないと思う人がほとんどだと思います。なので、コーチングをわかりやすいように説明するので、ぜひコーチングをダウン症の子の悩みの解決に役立ててくださいね。

コーチングの語源は「馬車」になります。ブランド品のコーチは、馬車が描かれています。馬車は、目的地まで人を運ぶ役割がありますよね。そこから、人の課題解決や目標達成をサポートする人をコーチと言っています。

ここで一番大事なのは、コーチの本来の意味です。

今はいろいろなコーチングがあって、クライアントの価値観を変えてはいけないとか、相手から引き出さないといけない、コーチングは質問力が大切、傾聴できるひとが優秀とか、いろんな意味づけがされています。

しかし、これらは、手法の話でしかありません。大事なのは、ダウン症の親が望む未来を達成することです。

馬車というと、私は昔旅行でエジプトに行ったときに、馬車に乗りましたが凄く快適でした。しかし、多くのひとはどのようなものかイメージが湧きません。現代の日常にもないので、どんな物か分かりにくいですよね。だから、捉え方が曖昧になるわけです。

では、なのでこんなふうに考えてはどうでしょうか?

馬車は、現代でいうと、タクシーです。運転手がいて、車があって、それに乗って目的地に行きますよね。だとすると、現代でいうと「タクシーイング」と言い換えてもいいですね。

このイメージを持ってもらうと、本来の役割が明確になるでしょう。コーチングは、タクシーや電車と言った、目的地に人を運ぶ物が元になっています。

あなたもタクシーに乗ったことがあると思いますが、目的地までの道は、知らないことが多いですよね。そんなとき、タクシーの運転手から、道順聞かれたり、どのくらいかかるのか聞かれても、よくわかりませんよね。

コーチングも同じで、ダウン症の問題に対して、いろいろ聞かれても答えようがありません。よく言われる質問力を使って答えを引き出せるのは、道順を知っている人に対してだけです。

そのため、よく売られているコーチングサービスではお客様が「結局何だったのかわからない」という感想になるので、悩みが解決しないわけです。

私はいつも考えているのは、大事なのは、お客様の理想の未来や、悩みが解決することです。それは、ダウン症の子の、トイレトレーニングかもしれないし、進学のことや、成長のことかもしれません。

そこを解決できるようにしていくので、世間一般的なコーチングとは違うわけです。

ダウン症の親向けのコーチングでは、理想の未来が叶えられることが一番大切なことです。それはコーチングの本来の意味から明かなわけです。

コーチングにも流派とかがありますが、どれが正しいとか、どの理論が正しい、これが本物でこれは偽物と言うのは意味のないことです。それはコーチングの中の枝葉の話でしかありません。

いくら科学的であろうと、正しいと主張しようと、あなたの理想の未来の方が大事です。誰も幸せにならないとなら意味がないですよね。

今回は、コーチングの考え方をお伝えしたので、コーチングがあなたの悩みの転換になると嬉しいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

この記事を書いた人

初めまして。次男はダウン症(21t標準)です。ダウン症の子を育てるうえで私が本当に大切だと思ったこと、実践して日常生活に役にたったことを書いています。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-コーチング

© 2022 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5