コーチング ダウン症の子育て

子供を自立させるためにはどうすれば良いのか

 

今回は、子供を自立させるためにはどうすれば良いのかというお話をします。

ダウン症の子を持つ親は、将来子供が自立してほしいと考えると思います。親がいなくなった後に一人で生る方法だし、また兄弟に負担をかけないことでもあります。

多くの親は目の前の問題が大きすぎて止まってしまっています。そのため、進学がとか、トイレトレーニングがと、その時々の課題を解決できれば上手くいくと思っています。

しかし、自立への本当の問題はそこにはありません。

目の前の問題は、成長過程の問題であり、あなたが考える理想の自立ではないのですね。

また、問題は次から次への出てくるので安心できないわけです。これは何も障害者だけでなく、健常者の親や兄弟でも同じことです。そのため、その問題ばかりにフォーカスしてしまい、他のやるべきことに気づけません。

そうすると本当に、その時期にやったほうがいいことも見逃してしまうのですね。

 

どのような自立が理想なのか?

目の前の課題にばかり取り組んでいては不安ばかりになります。とくにダウン症の子は、個人によって様々なハンデを持っている方もいます。

そうした場合、親がやることは今ではなく未来から考えることです。

子供がどうなっていれば理想の自立なのか、周りの人、お金や、時間、成長や、住む場所、家族関係や、好きなこと、親との意思疎通、料理、趣味、など具体的に考えてみましょう。

ポイントは、本人がどうしたいと思っているかです。親と近くにいたいのなら、一緒に住んでいても自立と言えます。本人の意思確認が難しいと思う場合でも、どう思うのか想像してあげてみてください。

 

理想を作るのが先

自立の理想を作ることが先です。なぜなら、時間は未来から流れているからです。どういうことかと言うと、普段私達は過去からの経験からものを考えます。過去良くないことがあったから、あの人と関わるのはやめようと考えます。過去の延長線上に未来があるので、だいたいの未来は想像がついてしまいます。

ただ、子供がダウン症であれば、そんな不安な未来でよいはずがないです。障害をもっているからこそ、周りの家族もどう人生を豊かに生きれるのか考えることが大切です。いま、目の前の問題で悩んでいる方は、確かに苦しいかもしれません。未来を考えろといっても、妄想しても意味がないと思うかもしれません。

しかし、本当に人生を良くするには先にに未来を作ることです。

 

未来を邪魔するスコトーマ

私達にはスコトーマと呼ばれる仕組みがあります。脳の盲点と呼ばれています。これは、人は必要なものしか見えないという原理です。そもその脳は莫大なエネルギーを必要とするため、自分にとって不要な情報は勝手に捨てています。そして、必要な情報とは、過去の情報です。危険を回避したり、自分の価値観にあったものを受け入れるのは過去ですよね。

そのため、未来側を何も考えてないと過去の情報ばかりが優位になります。するとそのまま過去を繰り返す人生になるのですね。例えば、仕事でも勉強でも、1年前と状況が何も変わっていないという人は多いと思います。それは、未来にこうなったらいいという強い目標を立てていないからです。

未来を設定すると、それは本当に必要な情報だと脳が認識します。過去の情報よりも、未来のことの方が大切なことだと脳が決めるのです。そうして初めて、新しい情報に気づいたり、行動しようと思うことが出来るのです。

 

今回は、子供を自立させるためにはどうすれば良いのかというお話をしました。

ダウン症の親は目の前の問題が大きすぎると思って、その問題で止まってしまっています。そして、それを解決すればよいと思っています。

しかし、自立への本当の問題はそこにはありません。目の前の問題は、成長過程の問題であり、あなたが考える理想の自立ではないのですね。

人の脳にはスコトーマという盲点があり、過去の情報を重視します。そのため、不安を避けようとするのですが、ダウン症の問題が解決しないため不安が取り除けない状態になっています。

なので、過去ではなく未来から考えることが大切です。

未来の方が大切だと思うことで、脳は、未来側の情報を重視します。子供が自立してくれたら嬉しいですよね。その嬉しい状態とはどのようなものか具体的に考えてみましょう。

そうなったらいいなといつも考えておくことです。そうすれば、子供の自立に本当に必要な知識や情報、人などに出会うことが出来ますよ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

大田

初めまして。ダウン症の家族に向けて人生、楽に楽しく生きる現実的な方法をお伝えしています。コーチングで時間とお金の両方を手に入れて豊かさを実感してほしいです。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-コーチング, ダウン症の子育て

© 2021 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5