お金のこと

ダウン症の子に多くの刺激を与えて親も同時に気分転換できる方法

 

 

「子どもの障がいにより声を出さないから、映画にもお芝居にも連れて行った。歩けないならおしゃれな車椅子を買った。栄養チューブの絆創膏も可愛くした。障がい児の特権と考えるようにした。」D)と、障がいをその子の個性とし、健常児では連れて行けない公共の場に積極的に出かけること

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

大田

初めまして。ダウン症の家族に向けて人生、楽に楽しく生きる現実的な方法をお伝えしています。コーチングで時間とお金の両方を手に入れて豊かさを実感してほしいです。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-お金のこと

© 2021 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5