マインドセット

子供から見たら癇癪を起こしているのは自分

自閉症や発達障害、ダウン症などの子をもつ親御さんは、

子供の癇癪や大声を聞くと怒りが抑えられすに、思わず大きな声で叱ってしまうことありませんか?

実は、これは子供から見たら、あなたが癇癪を起こしているように見えます。

自分は、正しいことをして、子供を躾けているつもりでも

子供から見たら大声で癇癪を起こされて怖い、嫌だ、辛いと思います。

 

子供と大人の区別がつかない

子供が大声で泣いてわめい時、自分も感情的になっていませんか?

普段「私は泣かないし、わめかない」のが当たり前だから

誰でも、泣いて大きな声を出してはいけない、と思っています。

子供は、自分で判断するだけの経験がないので、不安だと感情的になるのはしょうがないですよね。それは大人であれば分かっているはずです。

しかし、本当に不思議なもので、

自分が感情的になると、目の前の子が、子供なのか、大人なのか区別が出来なくなります。

そして、大きな声を出したり、泣いたりすることは悪いこと、恥ずかしいことだと思っているので、やめさせようとするのです。

悪いことだから、自分の思い通りになるように、感情むき出しで子供にやめさせようとします。

 

癇癪を止める方法が間違っている

子供の癇癪をやめさせようと、親がいくら頑張っても、その方法が間違っていると、子供は泣き止まないし、癇癪も止まりません。

また、あなたが、相手が子供だと正しく認識しても、子供を、子供のように扱えないくらい罪悪感が強いと上手くいきません。

この場合、罪悪感とは、「人前で大声をだしてはいけない」とか「泣いてはいけない」など、人に迷惑をかけてしまうと思い込んでいるものです。

つまり、自分なりの上手く生きるルールが罪悪感です。

しかし、この罪悪感を持ったままで、子育てをすると一気に罪悪感が発火します。

なので、子供の癇癪や叫び声にすぐに反応してしまう人は、あなたのルールを変えないといけません。

 

罪悪感をニュートラルにして子供を受け入れる

罪悪感は、自分の過去が作り出してきたものです。

過去はみんな同じではないので、罪悪感も微妙に違います。

つまり自分と他人のルールは違うものだと認識してください。

たとえば、誰を好きになって、どんな癖があって、それを許せないとか、価値観があります。みんな似ているようで全然ちがうのです。

会社に行くと、大きなトラブルに繋がることは、ほとんど人間関係です。スケジュールが上手くいかない、相手に言ったことが伝わらない、納期が間に合わないなど、

結局は、人間関係があり、みんな考えていることや、ルールが少しづつ違うから難しいのですね。

それに気づいている人は、相手に合わせたり、自分を上手に変化させることで、ストレスを最小限に押さえて仕事をこなしています。

子供も一緒で、自分のルールである罪悪感に気づいて、変えていかなければ、いつがたっても、すぐに子供の癇癪に敏感に反応します。

ではどうするかというと、自分のルールを弱めたり、ニュートラルにします。

たとえば、人前で大声を出すのが悪い、恥ずかしいと思っている人は、裏を返せば大声を出すことが凄く好きだったのです。

昔は、活発な子で声も大きくて、言いたいことを言って楽しかったかもしれません。でも、親だったり、周りのクラスメートや、第三者から、抑制されてきたのです。

自分はそうしたいのに、それを強制的に止められて、静かに話したり、大声をだすことは悪いと教えられて、それを守ってきたのですね。

それがあなたのルールとなり、約束ごととなって無意識に存在しています。

それを破ることは悪いことだと信じていますが、そのルールを少し緩めてください。

大きな声を出していい、言いたいことを言ったほうがスッキリするし、相手に正しく伝わるよ。と良い面も見つけて、緩めてあげるのです。

その時、自分を責めずに褒めてあげましょう。

罪悪感は、あなたの過去で、周りから強制されたり、危険を感じて作り出した虚像です。

それは、逆にあなたを守ってくれたものでもあります。大声を出さないことが、失敗を防いだり、恥ずかしい思いをしなくて、人生の役にたったこともあるでしょう。

罪悪感は光と影の関係なので、

消すとかではなく、「少しだけ大きな声でも大丈夫、、」と自分の気持ちを緩めてあげて、ニュートラルな状態を目指してくださいね。

 

自分の罪悪感に気づいて変化させる

子どもの癇癪や鳴き声を聞くと、イライラするのは、

子供を子供と思えないくらい、あなたの罪悪感が強くということです。

自分は泣かないから

子供も泣いてはいけないと思う

そして、悪いことだから、相手を思い通りに泣かさないようにしたいのです。

しかし、その方法が間違っていたら、子供の癇癪もとまりません。

子供からみたら、親が癇癪を起こしているように見えるのです。

なので、過去の自分が作ったルールである「罪悪感」を弱めましょう。

罪悪感は、自分がやりたかったことや、好きだっとことを、抑制されてきた歴史があります。

同じ状況でも、癇癪やなき声がぜんぜん気にならない人もいます。そういう人は、それが悪いとか迷惑をかけるとか思っていないし、泣いてる理由があって、その理由は何なのかに目を向けます。

そして、そうなってもいいと、過去に教わっているからです。

ルールにがんじがらめになって生きていくのと、気にせずにストレスが少ない人生は、どちらが良いですか?

もちろん、必要のない、負担ばかりのルールは無いほうが良いですよね。

なので、癇癪したり、泣いてもいいと思うことです。

どちらでも良くて、子供が選べばいい、と思えるほどニュートラルに出来れば、もっと行きやすくなります。

そして、子供と一緒に新しい人生の楽しみを発見できるのですね!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

大田

初めまして。ダウン症の家族に向けて人生、楽に楽しく生きる現実的な方法をお伝えしています。コーチングで時間とお金の両方を手に入れて豊かさを実感してほしいです。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-マインドセット

© 2021 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5