マインドセット

普通の子育ての逆の発想をすると上手くいく

こんにちは、大田です。

今回は、普通の子育ての逆の発想をすると上手くいく、というお話です。

私は、一人でも多くのダウン症の子を持つ親に、ストレスなく子供と好きなお事をして、豊かな人生を手に入れてほしいと思っています。

そのために、普通の子育ての逆の発想をオススメしています。

なぜなら、普通の子と同じように育児をしても上手くいかないからです。

日本では、OLやサラリーマンなどの仕事をしている人が9割以上が雇われて労働しています。

ママは子育てで働けなくて専業主婦の方も多いですが、子供が生まれる前までは働いていた人が多いです。

そして、そのまま子育てにはいるのですが、健常者を育てる場合は、その労働者の考えでもいいかもしれません。

しかし、障害があったり、ダウン症の子を、ストレス無く育てるには、発想を逆に変えたほうがノビノビと親も、子供も成長できます。

 

育児の発想を変えないといけない理由

悩みばかりで上手くいかないと人がいると思います

それは、普通の子の親と同じような考えで、子供を健常者に近づけようとしているので成功しません。

たとえば、ダウン症のことで悩みが消えない人は、

「同じような境遇の人を見つけて相談する」

と考えます。

これは、たしかにそうした方が良いアドバイスが貰えるよね、とみんな考えるわけです。

あなたも、それは当たり前と思ったかもしれませんが、発想を変えなければ、苦しい現状から抜け出すことは出来ません。それなりに日常をこなしていても、どこかで「なんで私が」と考えてしまいます。

上手く行く人は、

「自分とは全く違う価値観を持った人を見つけて相談する」

と考えるわけです。

なぜなら、あなたのダウン症の子がいる現状でつまずいているわけで、同じ境遇の人にいくら相談しても、そのグループの中で安心するだけだからです。

ここまで読んで、

いや、先に経験している人から話しを聞くことは有益に間違いない、そんなのおかしいと思う人が多いでしょう。

悩みが多い人は、子供の能力や存在価値が低い、社会に迷惑をかけるから、子供を良くしないといけないと思います。

労働環境が長いひとほど、周りと協調しないといけないと感じています。

あれが、これが出来ないと、と子供の出来ない理由を考える人が多いでしょう。

しかし、いくらそれを考えたとしても意味がありません。

自分の悩みの原因に気づけていないから、悩みが終わらないわけで、子供の価値を高めたところで変わりません。

実際、子供は子供でいるだけで、価値が高いですよね。大人を癒やしてくれるし、家族をつなぐ役割もします。何よりあなたを親にしてくれたのです。

新しいもの、未知のものにはみんな興味があります。それだけで価値が高いのです。

子供の時にしか出来ない服装や、言葉使いなど多くの刺激を貰っています。

それをダウン症だからと、否定することは、あなたの価値観が勝手に決めてしまったことです。

否定がとまらないとしたら、あなたの子供にたいする価値観が、間違った認識になってしまっている可能性があります。それはテレビやインターネットなどの影響があるかもしれません。

なので、自分と全然違う考え方をもった人と知り合ったり、話をして、

考え方を変えたほうがいいのです。

発想を逆にしなければ、いつまでも堂々めぐりです。

大多数と同じことをするのか、逆の発想をするのかで、未来が全然ちがうものになるでしょう。

 

労働者思考をやめる

こんなふうに思ったことはありませんか?

お金がない、時間がない、能力もスキルもない

だからインターネットで調べたりして、無料で短時間で、よい育児方法を調べている、そんな私は「調べ魔」と自信があるかもしれません。

やりたいこともお金や時間の余裕ができてからと考えている人も多くいます。

それが、労働者の普通の考え方です。

しかし、上手く言っている人は、お金がないから投資するし、時間がないから時間をかけたり作り出したりしよう、と考えます。

なぜなら、お金がない、時間がないと言っていると、そのとおり、お金も時間もない生活が永遠と続くことを知っているからです。お金を上手く投資して学んだり、時短しています。

そのため、お金がない人ほど、お金を投資してお金の使い方、時間を作り方を学ばなければいけません。

子育ても同じで、お金が、時間が、スキルがないといっていれば、苦しい状態が続くので、現状を変えて、未来で豊かになるために自分に投資するのです。

周りをみてください。

いきいき生活して、活動している人は、自分を改善するために色々なことをしていませんか?子供に投資するのではなく、自分にお金や時間を投資しているはずです。

時間がないというのも、たとえば、時間をビジネスに投資しないから労働者しか出来なくて凄く両立が大変なわけです。

労働者は会社からお金を貰って生活すると信じているので、自分で稼げると思っていませんし、稼ぐ自信がありません。

しかし、上手くいくひとは、小さくてもビジネスをして、お金を得ています。大きな金額でなくても、月数万であれば、家事や育児の代行も可能です。

いまアプリやネットで調べると、代行サービスはものすごく流行っています。それはこういった人達が上手に利用しているのですね。

労働者思考でガチガチの人は、稼ぐことや代行してもらうことが、なんだか悪いことだと考えています。まずその思考を直さなければ、ストレスのない豊かな人生を手に入れることが出来ません。

 

発想を逆転させて豊かになる

あなたは、大多数の親と同じような発想になっていませんか?

もしあなたの友達や、ママ・パパ友が同じような人ばかりだとしたら、あなたが発想を変えていかなければいけません。

集まりの中では楽かもしれませんが、その環境で満足してしまうと、外の環境に出ると一気に心が周りに対して防衛反応を起こしてしまいます。

外の世界は、みんなが何を考えているか分からず、危険だと認識するからです。

なので、あなた自身が思考を変えて、どこにいても自信を持って行動できる発想になりましょう。

 

  • 経験がないからまずは、無料で経験してから
  • お金と時間が今はないので、余裕ができてから
  • ◯◯教室にいって、OTなどの先生にみてもらえれば子供がよくなる
  • 迷惑かけないようにしつけを頑張る
  • 健常者に近づけたい
  • 子供にお金をかけよう
  • 子供と何ができるか考えています

とみんなは考えます。

しかし、子供に障害があっても人生を豊かに、理想通りに進んでいる人は、

 

  • 何も知識がないので、有料で自分の問題をきちんと知る
  • お金と時間がないので、お金や時間に投資する
  • ◯◯教室でなく、OTが何をやっているのか調べる
  • 迷惑はかけても、子供を尊重する
  • 健常者に近づけるより、特徴をいかす
  • 自分にお金をかけよう
  • 子供と何ができるかより、自分が本当に楽しいことはなにか考えて、やってみる

と、こんな感じで逆の発想をしています。

悩みが多い人はこうした発想に抵抗があったり、嫌悪感をみせたり、イライラしたり、怒ったりするかもしれません。

つまり、たくさん罪悪感を持っているから成功しないわけです。

時間はどんどん過ぎていきます。

あなたが、心が楽になって、

ダウン症の子が生まれて来る前に想像していたような、楽しい人生をもう一度描くなら、

ここまで話した労働者思考と逆の発想を身につけて、実際に出来るようになってくださいね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

大田

初めまして。ダウン症の家族に向けて人生、楽に楽しく生きる現実的な方法をお伝えしています。コーチングで時間とお金の両方を手に入れて豊かさを実感してほしいです。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-マインドセット

© 2021 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5