ダウン症の子育て

親の会に入ったほうがいい?ダウン症子育ての悩みや恐怖感を最大化したほうがいい理由

 

やりたいことを決めても、不安や恐怖を感じて「大丈夫かな?」と思い、逃げ出したくなってしまうことありませんか?

  • 手術したほうがいいの?
  • ダウン症の親の会に入ったほうがいいのかな?
  • エビ食べさせてアレルギー大丈夫かな?

そんな時は、その「悩みや恐怖感を最大にしてみる」ことで解決します。

恐怖といえば、お金ですよね。

よくテレビでやっていませんか?「借金の連帯保証人になってしまった。」的なやつ。下手をすれば凄いお金を払わなければいけなことになりそうです。

カードの支払いが手取りの金額を超えていたら、冷っとしませんか。

怖い、、、

でも私はというと「そうなんだ」という感じです。「たったそれだけか」と思ってしまいます。私も破産しそうになったことは何度かあるので、気持ちはよくわかります。

しかも私はそういう状況のときに、どう対処したらいいのかと考えます。

不安や恐怖は人の行動を止めたり、思考をさせなくするのが仕事。なのでマスコミは毎日毎日に不安なニュースばかり流すのですね。こういった事実に早めに気づいたほうがいいです。

 

恐怖感を最大化させたほうが良い理由

お金がなかったり、カードなどで借金をしている人はたいていパニックになってIQが下がっています。恐怖感を感じると、人間は「ファイトorフライト(闘争か逃走か)」という状態になるからですね。

ダウン症の親でも、将来が不安で同じような状態になっているひともいます。

この状態では、解決できるものも解決できません!

人生が苦しい時間に縛られないように、恐怖感を感じてもそれに対処できるようになることが必要。

そのために意識したいのが、「恐怖感を最大にする」ことなのです。

どういうことかと言うと、最悪の状態をシュミレーションしてみるということです。人間は、未知のものに恐怖を感じます。だから、未知の部分を無くすことで、恐怖感を無くすことができます。

たとえば、「カードローンを返さなかったらどうなるのか」とか、「子供の施設のお金がなくなったらどうなるのか」ということを想像してみます。

完璧な答えを知ることではありません。どんな状況になるか想像力を働すということが大切なのですね。

たとえば、「借金を返さなくても、破産してしまえば何の問題もない」ことに気が付くでしょう。しかし、「破産」という言葉にみんなが恐怖感を感じていますから、今度は「破産したらどうなるのか」をシュミレーションしてみます。

すると、破産しても、ほとんど不自由なく生活できることがわかるでしょう。むしろ、借金を負うより、破産したほうが楽と思う人も多いはずです。よく調べてみたら分かることです。

 

子供の施設でお金がなくなったらどうしょう

また、「子供のことでお金がなくなったらどうしよう」というケースを考えてみましょう。

これは、多くの親が抱えている漠然とした恐怖ですよね。

もしお金がなくなったらどうしますか?

私なら何かしらの方法でお金を稼ぐと思います。もちろんバイトやパートも考えられますがほかの手段も考えます。あるいは友人に相談するでしょうか。

それも難しい場合は、生活保護があります。こういうと、「そうは言っても生活保護は良くないイメージがある」という人もいるので、生活保護についても考えてみましょう。生活保護を受けた時に最悪の場合ってなんでしょうか?

「近所の人に噂される」くらいです。自分のプライド次第でしょうか。

何も怖いことはないです。

 

ダウン症の親の会には入ったほうがいい?

親の会の集まりにいって色んな情報を聞いたほうがいいと思っているけど、人見知りだし、喋るの得意じゃないし、不安というより緊張して無理!といった種類の恐怖もあります。

こういった場は、個性が凄くでるので、引っ込み思案な人は辛いです。しかし、いざいってみると良かったということも多いので、どうすればいけるのか手段を考えてみましょう。

関係ない友達について行ってもらってもいいし、会の人に聞いてみてオンラインで繋いでもらうのもいいかもしれません。オンラインだったら初めに自己紹介すれば、あとは見ているだけで雰囲気わかりますもんね。

親の会に入ったほうがいいのか悩んでいて、恐怖で行動がとれないのであれば、会に行ったことを想像して、最悪の状況を想定してみましょう。

そしたら、現場に行かないでオンラインがいいとか、人ぞれぞれ考えが浮かぶはずです。最悪の場面から、どうしたら一番よさそうなのか考えてみてください。

親の会は良いものです。なのであきらめないでくださいね。

このように、自分が抱えている恐怖感を、自分のIQを上げて一つずつ解消していくと、ほとんどの問題はたいしたことではないと気づくはずです。

もし、この先も子供のことなどで恐怖感が生まれてきたら、それはむしろいいことです。あなたの常識で考えているから怖いし、恐怖から逃げたくなるのです。

そうではなく、恐怖を最大化することによって、恐怖を解消してみてください!それがあなたの常識を壊して子供と自由な生活を手に入れる方法です。

恐怖を少しずつ解消できれば、楽で自由なマインドが手に入り、子育ても楽になりますよ!

 

-ダウン症の子育て

© 2021 幸せのカウントダウンコーチング Powered by AFFINGER5