マインドセット

生まれながら持っている個性が輝く瞬間

 

考え方って変わらない、変えることができない。そう思っていませんか?

ダウン症の子がいて、人生なんだか生きづらくなったなと感じていても、

性格を変えようと思いませんか?

 

あなたは生まれつきおとなしい性格なんだからー。

と言われてもそうなんだ、ふーんと思うくらいでしょう。まあ、そんな一面もあるしね。

でも性格や考え方って、生まれつきに決まっているものじゃなくて、

人生の波のなかで出来ていく工作の作品みたいなものです。

 

それが性格なんですね。

さらに多くの親は、

その複雑怪奇なものが、本物の自分自身だと思い込み

その作品を壊さないようにしています。

 

それが個性というなら、ダウン症の子も生まれながらにして

特徴をもった個性だと、認めてあげれないでしょうか?

でも、そこってなかなかうけいれられないんですよね。

 

~しなければ、そうでなければ、といった世界観から逸脱すれば、

辛い試練がまっています。

なので、本当は子供の個性なのに、親の世界観やこれまで教えられてきたことや、

常識でものを図ってしまう。

枠があって、その外に子供がいるんですね。

 

性格は、

自分の信念を作り、解釈して、善悪を判断し、体で感じて、手足が動く。

そんな人生のパターンを繰り返し、繰り返す。

その一番最初の信念が最も価値があり、大事なものなんです。

 

その信念は時に、あなたがその目で見ている世界を歪めたりします。

飛躍したり、マイナスなことばかり考えたり、

極端な方向にいったり、なぜかレッテルをはったりします。

自分を過小評価して、相手の心を読みすぎるのは、辛い試練だと思いませんか。

 

私も小さい頃から相手に気ばかり使ってきました。

これをしたらどう思うのだろう、、と。自分よりも相手の人生が優先だったのですね。

それは苦しかったし、自分への自信を一枚一枚削いでいくような感じ。

 

でも、しょうがない。

そうじゃないとこの世界で生き残れない。

生き残っているから、心に立派な作品ができてるのだし、

自分自身が必要としているのだから。

なにも、バラバラにして手放す必要はないのですね。

 

人生だれでもある時期がくれば、

その性格が窮屈になって、もう無理ってなるときがきます。

 

大なり小なりですが、ダウン症の子が生まれてきてくれたのであれば、

大の時期がきたのでしょう。

そこからが自己探求の時間

 

私とはいったい何だったのか、何がしたかったのか、何が楽しいと感じるのか。

一つ一つ見ると、最近の自分は昔のような自分ではなく、

なんだかホコリをかぶっているよう。

 

すこし新しい風を感じると、

ハッと同時に自分の「心の奥の性格」が浮上してきます。

こんな私でいいの?

 

そこにはひょっとしたら生まれたときからの性格を

また手に入れられるかもしれません。

転生する。

ダウン症のことで人生負の方向に進んでいると感じるのなら、

転生し、別の世界にいく時間なのかもしれません。

 

それが覚悟を決めて「変わる」ということです。

性格を変えれることを知って、決めてください。

 

「こんなに変わっていける」

「本当に変われる」

「生きがいができた」

 

コーチングしていてそんな声が聞こえてきます。

そうか、やっぱり変わりたいんだよねー。

変化を、幸せのサイクルを、仕組みをつくる。

そんなコーチング活動を。

 

つまり、「性格」を超えて、別世界の「性質」で生きる。を目指したら面白いと思いますよ。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

大田

初めまして。ダウン症の家族に向けて人生、楽に楽しく生きる現実的な方法をお伝えしています。コーチングで時間とお金の両方を手に入れて豊かさを実感してほしいです。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-マインドセット

© 2021 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5