お金のこと

ダウン症親が自分自身で心理的支援する方法

 

あなたは半年前、1,2年前と、同じような生活を続けていないでしょうか。もし、それで気持ちが楽になっていたり、人生が良い方向にいっていると感じていたらOKなのですが、いまだに暗い気持ちや劣等感をもっていたらはやく改善する必要があります。

そのために、自分のマインドを変えることも大切ですが、それと同じくらい大切なことがあります。それは収入が増えているということです。

もし、今なにも変わっていないなら、おそらく1年後も同じようなことをして、ネガティブな気持ちも収入も変わっていないと思うのです。

もしかしたら、子供の教育費や育児の勉強代ばかり増えているかもしれません。収入と支出で、支出が大きければ、赤字がどんどん増えていきます。

  • 同じような人とランチ
  • 同じような生活、育児パターン
  • 同じような思考、悩み

でいる限り、その状況はずっと続きます。

そのままで、生きがいや理想の未来が実現すると思いますか?

自分では進歩しているつもりでも、実は無駄なことをしていたり、逆にマイナスになっていることもあります。だから、状況が変わらないのですね。

自分自身で心理的に支援して人生を楽にするには、お金のことも考える必要があります。お金があれば多くの悩みは解決するからです。もちろん、お金だけではないでしょう。それは別にマインドを変えて自由に生きれるように変えていく必要もあります。

しかし、ダウン症の親はお金のことをついても理解し、自分自身で心理的支援ができることを知ってくださいね。

 

子供のせいにしない

ダウン症の親でお金で悩んでいるのは、ビジネスのことを知らないからです。

〇〇を学んだら、お金が増えるようになる、人生が豊かになると錯覚していますが、それほど簡単ではありません。育児ではある程度うまくいっていても豊かな生活を実現するのに、育児だけでは不十分です。子供のことがうまくいっても、自分のことがダメでは行き詰まってしまうでしょう。

というのも、育児能力とビジネスは、卓球とバスケットボールくらい違うからです。卓球とバスケは、共通することもありますが、卓球がいくら上手くても、バスケで活躍できるかは別問題ですよね。

一つの能力が上がると他の能力も併せて上がることを心理学では転移と言います。ただ、この転移はなかなか起こらないと言われています。

ダウン症の子がいくら言葉がよくできて、運動能力があがって彼、彼女の人生がよくなったとしても、それで親の人生が本当に子供に合わせてよくなるかは分かりません。

誰もが知っている通り、健常者の親でも子供がニートや、パラサイト、引きこもりなどになる時代です。

ということは、親の人生は親自身が幸せになれば、子供と関係なく豊かになれるものです。つまり子供のせいにしてしまっているわけです。

私もコーチングとしてビジネスをしていますが、

コーチングの世界でも、やはりコーチングを学び続けてビジネスで稼げる人はほとんどいないので、転移がないということです。コーチングを学んでも卓球が上達しないのは誰でもわかると思います。それなら半年卓球を練習した方がはるかにうまくなれるでしょうね。

ビジネスも、半年集中して実践した方が10年コーチングの勉強をするよりいい。

この事実を早く知って実際に動き出せた人だけが、親でもお金が増えるようになります。

お金がある程度あれば、好きなことに集中できると思うし、障害者の子供がいて、もしずっと家にいることになったとしても自分の好きなことでお金に余裕ができれば生活も豊かになります。

そんなことは、難しいよ、無理だよと思っているのは、まだ実感がないだけなのですね。別に、ママでも稼ぐことには関係ないです。

 

人助けをしながらお金を増やす

自分の好きなことや人助けをしながら、お金ももらえるという状態を想像してみてください。

たとえば、人助けをするのが好きな人がいたら、それでお金ももらえるなら、すごく良いですよね。一方で、お金が増えないなら好きなことや人助けをしていないことになります。

お金ばかり出て行くばかりになってしまいます。。

育児のことを勉強したり、教育資格を取るというのは、人助けをしたいという動機がある人が多いです。それなら、早く人助けをしてお金をもらうポジションに行ったほうが生活が楽になります。旅行にたくさんいけるようになるかもしれませんね。

そのためには、あなたが助けた人がお金を払ってくれるという仕組みを作る必要があります。

それには、マインドセット、ポジショニング、マーケティング、セールスというビジネスの全体を、滞りなく機能するように作り上げてみましょう。

あたなにもできます、そしてそういった仕組みができれば、あとは、自動的にお客さんに来てもらうことができるのですね。

 

環境を変えて自分を変えてみる

半年、1年後もしあなたが、ダウン症の子と豊かな生活を感じたいのであれば、身の回りの環境を変えてください。

同じ環境にいる限り、その延長の未来になると思います。そのためには、そのような生活をしている人と出会ったり、付き合う人もお金のことをしっかり考えている人にしてください。それが子供との人生を変える一歩になります。

身近に、ビジネスの相談できるような人がいるでしょうか?多分いないと思います。会社の同僚に相談してもママ友に聞いても何も変わらないと思います。

稼げるマインドを持っている人に相談しない限りは、状況は変わらないのです。周りも稼げないママ友と仲良くしているようだと、そこがあなたのコンフォートゾーンになります。そこで止まりたいならいいのですが、自分の成長を子供のために止めてしまうことはもったいないことです。

ビジネスマンでないとビジネスしてはいけないルールはありません。頭がいいとか関係ないのです。もしそう思っているなら騙されているか、誰かに洗脳されてしまっているのかもしれませんね・・・

もし本当にお金を増やしたいなら、居心地のいい場所で止まるのではなく、コンフォートゾーンを新しくしましょう。環境を変えて、生活パターンを変えて、思考も変えてみましょう。

まずは、付き合う人からチェンジしてみてください!

 

お金の心理的支援があることを当たり前にする

一旦立ち止まってあなたの環境を見直してみましょう。もし、1年前、半年前と何も変わっていないなら、環境を変えた方がいいですよ。

私も、人生で成功している人たち、自分の好きなことで豊かになっている人と知り合ってから意識がすっかり変わりました。

そして、あなたが環境を変えると決めたら、すぐに変わっていきますよ。

 

-お金のこと

© 2021 幸せのカウントダウンコーチング Powered by AFFINGER5