マインドセット 脳の仕組みを知る

うつ病っぽくて困ったら脳科学と心理学の違いを知ってどちらか学ぶ

「どうしたら嫌なこと忘れられるのかな」

「人間関係よくしたいな」とか

「どういう風に考えたら成長できるんだろう」と悩むことありますよね。

そんな時に、心理学とかの本を読んだりしてこんな考え方があったんだなと知ることも出来ます。また最近では脳科学についてもたくさん情報があり、学んでいる人もいます。

自分も昔うつ病になったことがあり、会社の上司との人間関係で悩んでいました。頭が思考ばかりしていてパンクしそうになり、トイレで嘔吐しそうになったり、気晴らしに走ってみてもなかなかどす黒いイメージははなれませんでした。

答えのでない問いを永遠と考えるのは大変だったのです。それでも会社と距離を取って自分の頭で試行錯誤しているうちに、あることに気づいたのです。

「自分も良くないところがあったけど、相手も良くなかった。」

つまり平等ということです。もちろん会社での指示系統があるので最低限のことは必要です。

すると、自分の罪悪感や自分を責める気持ちがどんどんなくなってきました。自分なりに脳や心の仕組みを学ぶ事をしていたので、しっかりと自立出来たのです。

会社に戻った後は、自分の気持ちや意見を伝え、対等であると強く意識することで、他者口撃的なものを受ける様ことは無くなって行きました。

自分の心理や脳の仕組みを知っておくことは大切です。

脳科学と心理学の違いを知って、自分にあったものを取り入れてみてください。

そうすれば、別の視点から自分を見れたり、相手の気持ちも分かります。だとしたらどうすれば良いか行動を決まってきます。

脳科学と心理学の違い

世の中には色々な学びがありますよね。

心の問題の解決方法や考え方を知るには心理学があります。心理学はこころの作用を科学的に研究するもので、発達心理学、行動心理学や言語心理学などその分野はたくさんあります。

脳科学は、人や動物の脳の機能について研究する学問です。視覚認知や聴覚認知、記憶の仕組みなど脳の動きを知ることで自分の思考の原理がわかります。

違いは、結果の学問なのか、仕組みの学問なのかです。

心理学とは

心理学で言われる方式や教えは、ある情報を人に入力して、その結果をデータ化して公式化したものです。つまり結果の学問です。途中の体で起こることはブラックボックス化していて不明なので、考慮せず入力と結果の因果関係を知ることです。

  • Aという行動すれば、Bになることが多い
  • Cという思考は、Dという結果になることが多い

これが心理学であり、自分の条件に当てはまることも多いはずです。なので多くの人の事例に基づく公式を知っておくことは自分の行動に当てはめたりして上手く利用出来ますよね。

脳科学とは

一方、脳科学は、このブラックボックスがどうなっているのかを解き明かす学問です。ある情報が入ってきたら脳の中でどう処理されて、自分の心がどう作られるのかを知るためのものです。

記憶はどう作られるのか、潜在意識や顕在意識はどう作られてどう影響があるのかを知ることです。

それを知っておけば、脳の仕組みが分かるのでどういう思考をして、行動すれば自分にとって良い状態を作り出すのかが分かるようになるので、自分の生活にも多いに役に立ちますよね。

違いを知ってどちらか選ぶ

脳科学と心理学の違いから、どんな人に役に立つのか考えて見たいと思います。

人には、過去、現在、未来があります。この3地点の何処かで人は必ず悩んでいますよね。いや、全てにおいて後悔や課題があるかもしれません。

  • あの時こうしておけば良かった
  • 今、違う言葉を使えば相手にもっと伝わったかも
  • こんな理想の未来があればいいなあ

その課題や悩みに対して当てはめた時に、

心理学は過去と現在を扱うものです

脳科学は未来を扱うものです

どこの悩みを解決したかによって使い分けると良いです。

例えば心理学では「観察法」というものがあります。

人間関係を良くしたいので、相手の目線や声のトーン、座り方などからどのように反応すればよいのか知って置くことです。

本音を引き出したりしたい場合には、相手に共感し、質問の方法「オープンクエッション」や「クローズドクエッション」を使いこなしたりします。

まさに、今現在のコントロールですね。

理想の未来を実現したい場合、たとえばアファメーションがあります。脳機能にRASというものがあり、これは「心の盲点」と言われるもので、人はほしい情報しか脳に記憶することは出来ないとう仕組みを知ることで、本当に実現したい未来をイメージ化することです。

その人に必要な情報に気づかせてあげて、どんな行動をとれば良いのか気づくことが出来ます。

つまり、未来についてのコントロールですね。

私の次男はダウン症で障害があるのですが、家族がどんな未来になればよいのか、自分が周りにどんなことを幸せに出来るのか未来から考えてきました。

なので脳科学を学び、それをみなさんに還元しようと強く思っています。同じような境遇の人がいたら是非学んでみてください。

人それぞれ緊急度が高い悩みは違いはずなので、その内容にあった学びを是非生活に取り入れてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-マインドセット, 脳の仕組みを知る

© 2020 ダウン症の親のためのニコニココーチング Powered by AFFINGER5