目標設定 脳科学

ランニングが劣等感をバン!と振りきる理由とは?

2020年6月22日

あなたも、何か目標があってどうやってより早く、効率的に望みを叶えられるのか知りたいと思っています。

たとえば、育児や仕事、そして単純にお金の悩みだったりします。

多くの成功者のパターンを見ると、ランニングしたり筋トレをしていたりしています。

最近ではSNSでも流行っていますし、テレビでは筋肉体操なるものもあります。上手くいっている人が体を鍛えたりしているのは、もちろん体力をつけて年齢に対抗するためにスタミナをつけることもあります。

ただ、他にも大きな理由があるのです。

それは、成功のイメージを広げるためです。

私も時間がある時は走ります。またその走り方もいろんな人の意見をと入れて、自分流リメイクして走っています。

私の次男はダウン症です。障害者の育児や未来には改善策も沢山必要です。

ダウン症の子は活発な子も多いので、家族の将来のために子供と向き合えるだけの体力をつけています。

なので、ランニングの目的は、次男を育児するために体力づくりもありますが、

一番の目的は、「良い未来のイメージをキープする」ためです。

今回は、ランニングが未来を活動的にする理由について話していきます。

あなたの脳は何を信じているのか?

なりたい自分や、夢がある場合、目標を設定して努力しますよね?

でも、ただやりたいことを漠然と考えていても、

現実には、実現しないことが多いのではないでしょうか。

子育てでも、雑誌に書いてあった育児方法を実践したら子供の行動が変わるかな?と思ったり、褒めればスクスク成長すると思います。

始めのうちは、希望があり続けていても、家事や用事で忙しくなったりすると効果なかったなとすぐやめてしまいます。

それは最初は強く理想の未来を思い描いていたのに、日常の行動でいろんな感情がインプットされどんどん未来の感情は弱くなってしまうからなのです。

日常が当たり前に積み重なると、その目標まで行動をし続ける理由もなくなり、いつもの日常に戻るのです。

この時、理想の未来の状態を強くイメージしてキープできれば、その未来に引っ張られて、その世界に向かっていけます。また、これは言葉よりもイメージの方が強く印象に残るのはあなたも分かると思います。

脳はあなたが信じている方向、思考、考えに沿って無意識に自動操縦します。

なので成功者は、成功するイメージを超大切にしているのです。

[jetpack-related-posts]

ランニングが未来脳に良い理由

ランニングは、このイメージを強化するのにもってこいです。

走るスピードは関係ありません、体力は人それぞれだからです。しかし誰でもある程度ランニングすれば適度に疲れます。

リラックス状態に近いともいえます。こういった状態は、いちいち言葉で考えるより勝手にイメージが湧いてきます。

みなさんもランニングしているときは、何か言葉は多く使わずにぼーっと浮かんでくるイメージをみていることがあると思います。

本当にやりたいことはランニング中でも、イメージとして登場します。

どうしてもやりたいことは、ココぞとばかりに楽しい未来を作り出します。

すると、今まで思いもつかなかった育児方法や周りの人との関わり方、ポジティブな思考を持つことが出来ます。

未来のイメージを強化させる考え方は、コーチングと同じです。

そのやり方として、瞑想したり、ワークをしたりして、リラックスできる体の状態をつくることがあります。

ランニングは軽く走るだけでその状態を作り出すのに適していますよ。

瞑想などは、呼吸法で酸素不足のような状態を作り出してイメージを作りやすいようにトリップさせますが、ランニングもまさに同じ状態です。

なので、ランニングする時は、無理にスピードをあげたりして負荷をかけずに、ある程度走ったら楽に継続できるスピードやコースを見つけてゆっくり長めにはしってみてください。

すると良いイメージが出来ますよ。

 

肘を大きく振ることが未来によい理由

私のランニング方法のひとつに、手を曲げて、肘を大きく振りながら走るようにしています。

この効果も脳をより活発にイメージさせるためにしていることです。

またこれは、プロサッカー選手に教えてもらった早く快適に走る方法でもあります。

私は肩こりがひどかったのですが、この走り方をして上手く軽減されました。

肘を高く振りながら走ることで、肩甲骨が大きく動き不可がかかります。肩甲骨は普段の生活ではそれほど動かす機会もなく、筋肉が固くなることで首の可動域が狭くなり肩こりの原因にもなっていました。

これを改善することで、肩や首の筋肉が緩まり、ストレスが少なることで呼吸量も増えます。すると必然的に脳への酸素が増えます。

これは、ランニングが終わった後もイメージづくりや、今日一日の生活にも良い影響を与えてくれます。

まとめ

今回は、ランニングが未来を活動的にする理由について話しました。

あたなの心の態度が未来をきめます。

それには日常に出来事に流されないでください。日常はあたなの不安を煽ったり、一時的に爆発的な喜びを与えてくれたりもします。

でもそれは、長くは続かない感情です。そんなものが次々とあなたの生活に入り込んできます。感情の起伏が、上下が激しいことが面白い人生だと思うかもしれません。

子育てが難しい子供がいればなおさらです。

しかし、未来を観てください。日々に左右されずに安定した理想の未来をつくる努力をしてください。

それが本当にあなたの楽しい感情を継続させるエネルギーになります。

そのためにランニングはうってつけの方法です!

毎日を充実させるためにも是非あなたの生活に取り入れてみてくださいね。

[jetpack-related-posts]

 

-目標設定, 脳科学

© 2020 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5