マインドセット

暗い未来を明るく灯すマインドの方法とは?傍観者マインドを捨てよう

 

ダウン症の子供のことで「未来が見えない」と思ったことはありませんか?

「お先真っ暗だ」「先が見えない」「未来が不透明で見えない」という感じではないですか?

「未来が見えない」という状況だと、何をしていいのかわからず、不安になってしまいますよね。

不安で、とりあえず資格を取ろうとか、何か頑張らなきゃと思ったりするかもしれません。でも、お先真っ暗な状況を解消するには、もっと根本的な方法があります。

それは、「未来を見る」ことです。

もちろん本当に未来を見るといったら、スピリチュアルとかオカルトになってしまいますが、ほぼそれに近いことを行います。

つまり、未来のゴールのイメージを作るということです。

そのためにまず、変えてほしいのが

「未来は見えるもの」

「誰かが見せてくれる」

という発想を捨てることです。

 

未来は自分で見るものです。

誰かが見せてくれるわけでもないし、自然に見えてくるわけでもありません。

なぜ、「未来は見えるもの」「誰かが見せてくれる」という発想になるのでしょうか?

それは、「世の中は、誰かが動かしているものだ」と考えているからだと思います。言い換えると、映画館でドキュメンタリー映画を見ているお客さんのような意識です。

お客さんの意識があると、ダウン症のことを行政が政治が何々してくれないとか、自分の責任じゃない、という傍観者マインドになってしまいます。

「難しいことは誰かに任せて、小さな幸せを大切にしよう」

「大きな目標は立てずに、身の回りのことを考えよう」

などの考え方も、傍観者のマインドです。

 

これは、自分が何をしても世の中は変わらない、という非常にエフィカシーの低いマインドです。

でも、自分が何かすることで、世の中が良い方向にいったり、救われる人がいたりするかもしれませんよね。

小さなことで言えば、自分の街で道路が劣化しているのを発見したとして、それを市役所に電話して改善するように要求すれば、すぐに改善するかもしれません。

そんな勢いで、国とか、世界に対しても、何かできるかもしれないのです。

 

だから、まず傍観者マインドを捨てて、エフィカシーを高くし、未来は自分で作ることができるんだ、というマインドを持ちましょうね。

そして、自分の望む未来のイメージを作り上げていきます。

未来を見るのは難しいことではなく、ただイメージするだけのことです。

たったそれだけで未来を見ることができます。イメージするかしないか、と言われて「イメージする」ほうを選ぶだけです。

楽しい未来を見るためには、現状のことを一切考えないことが必要です。

現状自分に能力があるかとか、お金があるか、とかそういうことを一切考えず、ただ

「こうなったら嬉しいな」

「こんなことをしたいな」

というイメージをしましょう。なぜなら、現状から考えると、ますます現状に縛られてしまうからです。思いきり都合がいい世界を作っていいんですよ。

そして、未来を見ることを毎日行ってみましょう。

そうすることで、未来がよりはっきりと見えるようになり、その未来は自然と実現されていきます。「未来が見えない」と言って悩んでいる暇があれば、楽しい未来をイメージしてみましょう。エフィカシーが高まり、どんどん毎日が楽しくなるはずですよ!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

この記事を書いた人

初めまして。次男はダウン症(21t標準)です。ダウン症の子をもつ家族の方へ、コーチングを提供して自立の悩みの解決、理想の目標の達成のためのお手伝いをしています。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-マインドセット

© 2022 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5