ダウン症の子育て マインドセット

育児はポジティブとネガティブを両方使いこなす!

 

育児をする時に、ポジティブ思考とネガティブ思考はどちらがいいのかと考えてみます。

例えば、ネガティブ思考では目標を達成できないとか、いやいやポジティブすぎても現実は変わらないとかそういう感じです。

育児の問題解決にに役立つのは、どちらを意識すればいいでしょうか?

 

ポジティブ思考とネガティブ思考

よく言われるのが「コップに半分水が入っているときどう捉えるか」という問いです。

ネガティブ思考の人は、「半分しか入っていない」と考え、ポジティブ思考の人は「半分も入っている」と考えると言われたりします。この問題では、結論はポジティブ思考になりましょうということです。

しかし私は、そういうことならポジティブでもネガティブでも「どっちでもいい」と思いますが、どちらかというとポジティブ思考の方が良いと思います。

矛盾、、、、、

ただそれは、私がポジティブ思考の意味を違うふうに捉えているからです。私は、ポジティブ思考が脳に与えるすごい力を感じています。

 

ネガティブ派の言い分

ネガティブ思考の方がいいという人たちも存在します。

例えば、危険な仕事をする時には、リスクを考えないと危ないことがあるとか、ネガティブな感情が力になるというふうに考える人たちです。

こうした考えも正しさを含んでいると思います。

最悪のことを考えた方がいい、という感じですね。最悪のことを考えるのが真のポジティブだとか言われるので変な感じですが。悪い方に考えた方がいいと、ネガティブ思考派の人は考えているわけです。

 

実はどちらもポジティブ思考だった

ただポジティブ思考とかネガティブ思考というのは、「結局どちらもポジティブ思考では」ということです。

つまり、どちらもゴールに向かっていくのだから、ゴールにとってポジティブなのです。

ネガティブ思考の方がいいという人でも、結局はものごとを前に進めるために役に立つという話をしています。前に進めるというのは「前向きだ」ということですね。

その反対に、ゴールに対するネガティブ思考は、もっと衰退とか破滅に向かっていく道なんです。

これはゴールとは逆向きに働く力です。

ポジティブ思考で現れる脳の潜在能力

ポジティブ思考になっても能天気になるわけではありません。

むしろ、破滅や衰退に向かうネガティブ思考とは反対で、ゴールに向かい能力が開発されていく、生命力が上がる道なのです。

実際、私もポジティブな思考を繰り返ししていると、予知能力や洞察力、直感力がどんどん身についてきます。ポジティブ思考には、脳や潜在意識を解放するような力があります。

心理学的に言えば、ゴールに対する自己能力の自己評価=エフィカシーが上がっていきます。

エフィカシーが上がればゴールは近づきますし、それによって能力も向上していきます。

 

本当のポジティブ思考とは?

よく言われる、「コップの半分問題」のようなポジティブ思考は、いろいろな考え方の一つ。

本当のポジティブ思考と言えるのは、子育ての問題解決を見続ける心です。

不安になること、辛い感情が湧いてくることなどがあっても、自分の目標とか夢に向かっているのならそれがポジティブ思考です。

不快な感情にも理由があります。

不快な感情を無視するとかそういう話ではなく、そんな感情が出てきたときにもそれを利用すると考えればいいのです。

リスクを考えることも目標達成に必要なら考えればいいです。

ネガティブ思考を押したい人は、正しい面もありますが、破滅・衰退に向かう生命力が下がる思考はどうでしょうか。

そうではなくて、ゴールに対して前向きになるという意味での、本当のポジティブ思考をすれば、エフィカシーも上がり、生命力も脳の潜在能力も上がっていくと思うのです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

この記事を書いた人

初めまして。次男はダウン症(21t標準)です。ダウン症の子をもつ家族の方へ、コーチングを提供して自立の悩みの解決、理想の目標の達成のためのお手伝いをしています。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-ダウン症の子育て, マインドセット

© 2022 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5