ダウン症の子育て

「子供を愛せない」と自分を責めない秘訣

「子供を愛せない」と思う時、なんでこんな自分なんだと自己嫌悪に陥る場合があります。

自己嫌悪になる思考に「自分を責める思考」があります。これは、できないとか、私に欠点がある、遺伝が悪いというふうに自分を責める理由を探して、貶めてしまう思考の癖です。

こうした思考を持っていると、自信がなくなったり、不安が生まれたりして、子育てに弊害が出る方向に向かっていきます。その穴を埋めるために、余計な行動も多くなるのです。

子供にネガティブな感情を持っているダウン症の親は、自分を責める傾向があるので、自分を責めることを止めることが大切です。

しかし自分を責めて一生懸命、子供を愛せないと思うのは、世間的にいうとそれほど間違った考えだと認識されていません。謙虚だし、子供に障害があれば当たり前だというふうに捉えられるでしょう。

反対に自分のことを褒めたり、子供をべた褒めする人は、間違っているとか批判にさらされやすくなります。こうした価値観の違いがあるので、そもそも気づかないし、なかなかマインドを変えることができます。

しかし、子供を愛したいなら、自分を責める思考の方を止めることが大切です。

 

自分を責めてもうまくいかない

自分を責める思考というのは、自分の欠点を見つけてきたり、何かあったときに自分のことを悪者のように扱う考え方です。

これができない、なんてだめなやつなんだ、まだ愛情が足りない、こんなふうに自分に対して語りかけているわけです。

自分に対して語りかける言葉を、コーチングではセルフトークと言っています。こうした自分に対する責めるセルフトークをしていると、どんどん自信がなくなり、不安が大きくなっていきます

不安が大きくなったり自信がなくなったりすると、その穴を埋めるために、もっと学びをしないといけない、何かで補わないといけない、という発想になってしまいます。同時に、ダウン症の子供と関わりたくないから、わざわざ自分を責めるようにしているという面もあります。

子育てでこうした考え方が強くなると、いつまでもポジティブな気持ちで子供と向き合えません。

欠点は探そうと思えばいくらでも見つけることができます。自分で欠点をどんどん生み出すことができるからです。

例えば、背が高い人は、背が高いからダメだとか、背が低い人は背が低いからダメだ、というふうにいくらでも自分を責めることができるわけです。

なので自信のなさや不安を埋めようとしても、思考が変わっていないと、穴埋め作業を止めることができません。自分で穴(子供の悪い点、人と違う点)をどんどん掘ってしまうので、それをやめない限りは次に進めないのです。

ただ、大多数の人は、自分を責める事は悪いことではないと思っています。自分の欠点を見つけて、それを埋めるために育児を頑張ることを正しいと思っているわけです。

しかし自分を責めて無駄に悩んだり不安を作り出していると、いつまでもうまくいきません。

なのでそうした価値観を変えて、自分を責める必要がないことに気づくことが大切ですよ。

 

子育ての間違った刷り込みを無くしていく

自分を責める思考の原因に刷り込みがあります。

例えば、完璧に間違えないようにしないと、学校に行ってはいけないといった完璧主義や、子供らしくないといけないとか、障害者の親らしくないといけないと言った思い込みです。

そうした基準を持っているので、そこから外れると自分を責めてしまうわけです。

ダウン症の子育てをしていたら、何をするにしてもうまくいかないことばかりでしょう。それが完璧に間違えてはいけないとなったら、自分がダメだと思う機会は無数にあります。しかし、一発で全部子供をうまくいかせるとか、そんなことはできないわけです。

ではどうしたら良いかというと、自分が間違えても、それを受け入れて自分を責めるのをやめることです。

うまくいかないことがあれば、修正することも必要です。しかし自分を責めて不安を持ったり悩んだりしてる人は、そしたら本来直すべきことも、直すことができなくなります。

もちろん私も間違えることもあります。たとえ間違えたとしてもそれに対処したり修正したりするので、自分をわざわざ貶めるような事はしません。

自分をおとしめて自信をなくしたり不安を強くしたりすれば、必要な行動が取れなくなり子供にも影響があります。自分を責めて自分を良くしているつもりでも、実は、子供の本当の問題から目を逸してしまっているわけです。

こうしたことに気づいて、自分を責めることを止めて、本当にダウン症の子供に必要な行動を取れるようになってくださいね。

自分を貶めるようなセルフトークを排除して、自分に許可を出したり、褒めたりすることがとても大切です。

自分を責めることが正しいと思っているうちは、子供を愛することは出来ないので、もう一つの正しい価値観を身に付けるようにしましょう。

自分に自信がついたり、自分が自由になるようにマインドを変えることができれば、だんだんと子供のことも好きになっていきますよ!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

この記事を書いた人

初めまして。次男はダウン症(21t標準)です。ダウン症の子をもつ家族の方へ、コーチングを提供して自立の悩みの解決、理想の目標の達成のためのお手伝いをしています。興味があれば他の記事も覗いていってくださいね。

-ダウン症の子育て

© 2022 ダウン症の子をもつ親のためのニコニコ子育てコーチング Powered by AFFINGER5